Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

弁天島  

深浦の弁天島。


岩崎の弁天島。
IMG_0967ma.jpg

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 2

鳥取!?10  

鳥取シリーズ、最終回です。
鳥取城址内に立つ洋館、仁風閣。国指定重要文化財です。

IMG_4193me.jpg


明治40年5月建築。大正天皇(当時皇太子)行啓の宿舎としてつくられたようです。
雨がレンズに付いてしまいました。

設計は片山東熊。東大建築1期生で、一番デザインが上手かったと言われている。
他に迎賓館や京都国立博物館を設計。
ちなみに同期の主席は辰野金吾。日銀本店や東京駅を設計。
-- 続きを読む --

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 4

鳥取!?9  

鳥取城址の麓に不気味なお堂があるとの事前情報を得て、探してみました。
これのことでしょうか。

私の写真では不気味さが足りなかったので、ちょっと暗くして不気味さを演出してみましたv。
ここから石段を登ると、久松山(きゅうしょうさん)へ行くことができます。
頂上からは鳥取砂丘や日本海が見えるそうですが、風雨が強かったので、やむなく断念しました。

-- 続きを読む --

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 0

鳥取!?8  

IMG_4309me.jpg
-- 続きを読む --

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 2

鳥取!?7  

3度目の鳥取です。
もう行くことはありません。(←前回もそんなようなことを書いた記憶が・・・)
初めて鳥取を訪れたときから、大通りの先に、とても気になっている場所がありました。

今回、そこへ行こうと決めていました。
鳥取城址です。
IMG_4213me.jpg

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 2

サンフランシスコ  

ネタ切れのため、昔の写真でつなぎます。

16年前のサンフランシスコ。私の数少ない海外旅行です。
ロサンゼルス、ラスベガス、グランドキャニオンと巡り、カラッカラに喉が乾くような気分でしたが、
サンフランシスコは、潤いのある、素敵な街でした。
以前の記事「フィルムスキャナ」の夜景も、ここサンフランシスコのものです。

坂道がとても多い街だった記憶があります。ケーブルカーが印象に残っています。
印象に残っているわりに写真はありません。
乗るだけで精一杯だったかもしれません。何せ英語が話せないもので。
PICT0001hosei.jpg
-- 続きを読む --

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 4

近江八幡  

すっかりご無沙汰してしまいました。昔の写真シリーズ。
15年前の近江八幡です。滋賀県。年末年始一人旅。
大阪、京都と巡り、近江八幡へ。このあたりで一人旅にだいぶ飽きてきた頃です。
7本用意したリバーサルフィルムも残りわずかとなっていたと思われ、じっくり選んで撮っていたようです。
後半は、写真枚数が少ない(汗)。
近江八幡は、不思議な街並みでした。家々は、運河に面した方が表で、陸路に面した方が裏のような・・・。
PICT0037m.jpg

船に浮かぶ木の橋。
PICT0036m.jpg

石の橋。略して石橋。
PICT0061m.jpg

せっかくできたばかりのかわらミュージアムに行きましたが、年末年始で休館。
PICT0045m.jpg

PICT0004m_20120726233341.jpg

中央道を通り、木曽や長野の素敵な風景の中をひたすら通り過ぎ、八ヶ岳を過ぎたころ、目の前に神々しい富士山が現れました。強く印象に残っています。早く帰ろう、まっすぐ帰ろうと、東京の友人宅に立ち寄る予定をキャンセルして、夜遅く、宇都宮のアパートに到着した記憶があります。この旅で、あ~、青森に帰ろうと決意したのでした。
渋滞で停止中の車窓から。
PICT0001m.jpg

早く帰ろう。

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 2

鳥取!?6  

鳥取シリーズ、最終回です。

厳しい仕事での単独鳥取出張で気が重かったのですが、予想外に色々なことがうまく運び、安堵して帰宅した次第です。
早朝砂丘散歩が効いたのかもしれません。
生牡蠣も蟹もラッキョウもごちそうになりました。鳥取のハタハタも。お酒も。ありがとうございました。鳥取。
もう行くことは無いかもしれません。仕事では。

砂丘トンネル。このトンネルを抜けると、眼前に砂丘が飛び込んできます。
P7100109m.jpg

日の出の砂丘には私の他に2組の方がいらっしゃいました。
独りで居たのは私一人。あ、そういえば、磯回りのおじさんも一人で歩いてました。
この時期、夕日がきれいだそうで、日没の時間帯には人出が多いそうです。
P7100124m.jpg

展望台と砂丘とを結ぶリフト。
P7100131m.jpg

P7100333m.jpg

月の砂漠
P7100340m.jpg

砂漠の川
P7100348m.jpg

この砂丘、雨の日はどうなってしまうのだろうと興味があります。
P7100352m.jpg



-- 続きを読む --

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 2

京都駅  

愛し恋しい昔の写真シリーズ。京都駅です。
1998年1月2日のことです。現在の京都駅ビルは1997年に完成しましたが、その完成間もない頃。
当時かなり話題になっていた記憶があります。
それ以来京都へは行っていませんが、この駅ビルも長い京都の歴史に少しは馴染んだでしょうか。
PICT0079m.jpg
-- 続きを読む --

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 4

大阪  

うれしはずかし昔の写真シリーズです。
ちょっとずつ、フィルムをデジタル化しています。
ちょっとずつ、公開していきたいと思います。

今日掲載するのは、大阪。1998年元旦のこと。
正月に青森に帰省するはずが、なぜかひとり大阪に居ました(笑)。
何か思うところでもあったのでしょうか。もう思い出せません。
「悲しい色やね」とつぶやいてみたりして。
廃墟ビルが強烈に印象に残っています。もう無いんでしょうけど。
「危険建築物立ち入り禁止」とかいう張り紙がしてあったような記憶があります。
PICT0025m_20120601222839.jpg
-- 続きを読む --

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 0