Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

岩手山 〜焼走り溶岩流から  

5月に入ってから2度目の岩手山です。今月は、岩手山、岩木山、岩手山です。
文字をぱっとみたとき、岩手山と岩木山は紛らわしいです。十二湖と十三湖も紛らわしいですが。
IMG_0537.jpg
鮮やかな新緑と青空ですが、山頂は荒れ模様のようです。
スポンサーサイト

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

運動不足の岩手山登山3  

恨めしく山頂を眺めながら、反対方向に進む。
4d77e214e2562c46f4c561c5c65d3610.jpg

御鉢の中にある妙高岳
2c5b19346b36abb88ad9bf4ea53a09b5.jpg

御鉢は想像していたよりも広く、1周するのに1時間ほどかかりそうだ。
363e9b63cb5b52792c0d4d430a2152d0.jpg

岩手山神社奥宮
27e299ab3194fdcd5126837656d45498.jpg

水蒸気が出ていた。硫黄臭は感じられない。
7759aa5c87d211217d4367c37cc39606.jpg

遠くの早池峰山
4430f608a55b3b5b770bf0546ce98a5d.jpg

いよいよ下山します。まるでスキー場のゲレンデのような絶好のケッツ滑り場。
7f8996c040b7429b20e1619043f73e73.jpg

気が遠くなるほどの距離を滑った。途中、滑落してるのではないかというぐらいスピードが出ていた。
346e396947574370c55672600613184c.jpg

一気に2合目まで下山。
b259cd0a11eca20493e169aa700d0bdc.jpg

得した気分で16:30無事下山しました。

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

運動不足の岩手山登山2  

5合目で昼食をとり、20分ほど休憩した。すっかり汗も引いてさっきまでの疲労感が少し軽減される。
時刻は13:00。休憩をとったら気分も変わって、もう少し行ってみるかという気になる。
上を見上げると、ケッツ滑りに最適な斜面が見えてきた。
ee64aec6aabfd86871ced0d6bbfebb37.jpg

帰りは楽できるかもしれない。なんだか力が湧いてきた。
fe9ffc9a45f0590d49c9e709795c38c1.jpg

1e4446207f4e952859b5b2a14f3c5df7.jpg

13:20。6合目到着。
56df6ad29f47ce2ecdecf6ba8b795b25.jpg

4合目以降、ラップが20分刻みになっているのは、決してスピードアップした訳ではなく、
えっちらおっちらと足を進め、休みながら登ってもこのぐらいの時間で到達する。
1合の刻みが山頂が近づくほど短くなって得した気分。
decfa326076dec8ba7933717751aff9e.jpg
-- 続きを読む --

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

運動不足の岩手山登山  

岩手山麓の桜並木。この道を2度も行ったり来たりしました。
f3e932bbd5179fea2561dfa4ffbc6111.jpg

準備不足の辛い登山でした。
以下、辛い登山記録です。
_____________________________________________
-- 続きを読む --

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

雲海  

IMG_6888mr.jpg

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

岩手山4  

下山します。
IMG_8296mp.jpg
-- 続きを読む --

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

岩手山3  

黒倉山を経て、鬼ヶ城へ向かいます。
IMG_8635mp.jpg
南側から霧が立ち上り、鬼ヶ城の尾根に当たっています。
いかにも鬼が居そうな雰囲気。

-- 続きを読む --

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

岩手山2  

姥倉山を過ぎて、黒倉山へ向かいます。
IMG_7988mp.jpg
-- 続きを読む --

category: 岩手の山

tb: --   cm: --

岩手山1  

岩手山SAから、岩手山を見る。
IMG_7875mp.jpg


-- 続きを読む --

category: 岩手の山

tb: --   cm: --