Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

青波  

2011年最後のUPです。
深浦駅前の大岩海岸。
冬空の隙間から差し込む太陽に照らされる青波とカモメ。

IMG_8114.jpg

IMG_8141s.jpg

IMG_8146m.jpg

たくさんのご訪問ありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

スポンサーサイト

category: 深 浦

tb: 0   cm: 4

新青森駅  

私は一応、青森県人ですが、うちから東京方面に行くときは秋田新幹線の方が早かったので、
そちらを利用していました。
ところが、「はやぶさ」を使うと、青森回りの方が早いことが判明しました。
初めての、新青森駅。
IMG_8228 (1)

IMG_8234 (1)

IMG_8238 (1)

IMG_8235 (1)

北側に伸びる線路。北海道新幹線は2015年開通予定。
IMG_8241 (1)

IMG_8219 (1)

IMG_8274 (1)

category: 青 森

tb: 0   cm: 0

千畳敷駅@五能線  

五能線シリーズその4
「千畳敷駅」

深浦と鰺ヶ沢の中間に位置します。
付近に民家はなく、最初は千畳敷海岸観光のための臨時駅でした。
IMG_8164.jpg

駅舎は無く、国道101号を隔ててすぐ日本海です。
IMG_8166.jpg

千畳敷海岸の歴史は意外に浅く、江戸時代末期(1792年)に岩盤が隆起して海上に姿を現したようです。
脆い凝灰岩でできており、波の浸食を受けやすいことから、やがてはまた海面の下になってしまうかもしれません(←勝手な推測ですが・・・)。
IMG_8175.jpg

プラットホーム対面の岩崖には、冬になると滲み出る地下水が凍って、巨大なつらら(氷柱)ができます。
IMG_8148.jpg

IMG_8156.jpg

IMG_8197.jpg

偶然にも、リゾートしらかみが通過。にわか「撮り鉄」してみました。
IMG_8206.jpg

IMG_8210.jpg


category: 五能線

tb: 0   cm: 0

米代川  

昨日の帰り道
米代川上流部(大館市)
IMG_8005.jpg

米代川中流部(能代市二ツ井)
IMG_7771.jpg

同じ位置からの10年前の写真。上の写真には存在しない建物が写っています。
画面中央部、「天神荘」という営林署の保養所。上等な木材をふんだんに使った建物でした。
昔はこの手の建物があちこちにあったように思います。残念ながらこの写真を撮った後、解体されました。
DSCF0070.jpg

米代川河口(能代市)
IMG_7648 (1)


category: その他

tb: 0   cm: 4

里山風景  

久しぶりの青空となりました。本当に久しぶり。
2週間ぶりぐらいでしょうか。

造林スギの里山風景。秋田県大館市にて。
IMG_7905.jpg

IMG_7916.jpg

IMG_7948.jpg

IMG_7952.jpg

広葉樹の着雪も美しいですが、針葉樹もなかなか壮観です。
IMG_7942.jpg

秋田県で、「秋田杉」と書くと天然杉のことで、「秋田スギ」と書くと明治以降の植林スギを指すようです。
IMG_8000.jpg

またしばらく青空にめぐり合えないと思いますので、鮮やかな青空の画像を貼っておきます。
IMG_8035.jpg

IMG_8027.jpg

IMG_8021.jpg

IMG_8058.jpg

IMG_8070.jpg



category: その他

tb: 0   cm: 0

結氷米代川  

このところの冷え込みで、米代川が結氷しました。
例年だと1月中旬頃になるのですが、今年は早いです。
無数のカモメの向こうに日本海の荒波。
IMG_7721m.jpg

IMG_7737m.jpg

手前から、能代大橋、能代橋、五能線米代川橋梁。
IMG_7652.jpg

IMG_7668_2.jpg

category: 能 代

tb: 0   cm: 0

雪の聖堂  

あわただしく、年末に突入しようとしています。
クリスマスということで、雪の弘前昇天教会。
大聖堂のような迫力とはまた違う、何か深みのある建築です。
IMG_6999 (1)

IMG_7005.jpg

IMG_7006 (1)


category: 弘 前

tb: 0   cm: 0

県境  

暴風雪波浪警報は注意報に変わりました。それでもこの時化です。
しばらく青空を見ていないような・・・(悲)。
あいかわらずハタハタが寄っているようで、カモメたちは弾ける波を背にして飛び回っていました。
IMG_7581m.jpg

IMG_7539m.jpg

IMG_7617m.jpg

IMG_7516m.jpg

IMG_7536m.jpg

category: 県 境

tb: 0   cm: 4

雪の弘前城西濠  

IMG_7092 (1)

IMG_7109 (1)

IMG_7065 (1)

category: 弘 前

tb: 0   cm: 0

暴風雪波浪警報の深浦港  

いよいよ笑ってられない厳しい状況になってきました。
深浦ベイブリッジ。
IMG_7458 (1)

地吹雪の舞う岸壁
IMG_7495 (1)

イカ釣り漁船も今日はお休みです。
IMG_7489 (1)

category: 深 浦

tb: 0   cm: 0

岩館駅@五能線  

五能線シリーズ その3
岩館駅。
秋田県側最北の駅です。風も無く、穏やかな夜。
IMG_6977 (2)

入口に、大正15年(1926年)12月7日開業と書かれています。
「昭和」に変わる直前のことですね。
駅舎は昨年模様替えをしましたが、平均乗車数は50人を割り込みました。昔はいっぱいいたけどね・・・。
IMG_6975 (1)

岩館地区は、漁業の盛んな町で、今はハタハタで夜通し活気づき、釣り人も多く集まっています。
傾斜地に家々がひしめき合っていて、人口のわりには賑やかな雰囲気がただよっています。
階段の多い町で、傾斜地上下の移動は車より階段を歩いた方が早いところもあります。
IMG_6972(1).jpg

列車は2時間に1本。
IMG_6980 (1)


category: 五能線

tb: 0   cm: 6

峠越え  

岩手県まで出張してきました。
秋田~岩手の県境、湯田町にて。湯田町の積雪は60cm。
青森市では70cmを超える大雪になっているようです。
IMG_6905 (1)

IMG_6922 (1)

IMG_6925 (1)

category: その他

tb: 0   cm: 0

ハタハタ本隊接岸  

12月14日、例年より10日ほど遅いでしょうか、
ハタハタ本隊が接岸しました。沿岸は活気づいています。
ブリコ(ハタハタの卵)が波打ち際に寄っているでしょうから、
早速拾いに行ってきました。ブログにUPするための撮影を兼ねて十二湖海岸に行ってきました。
※ブリコの採取は違法です。

波の高さは3mほどありました。
IMG_6263 (1)



カモメは漁師以上にハタハタ接岸を喜んでいると思います。
IMG_6554 (1)

カモメだけでなく、トビやウミウもいましたが、その中でも見慣れない鳥が・・・。
カモでしょうか。海水でも大丈夫なのか・・・。
IMG_6383 (1)

ブリコを咥えるカモメ。
IMG_6186 (1)

まだ咥えてます。この後、丸呑みしていました。人間と違って「ブリブリ」噛まないようです。(噛めないか・・・。)
IMG_6193 (1)

強風に煽られないように皆風上を向いています。
IMG_6522 (1)

コンニチハ。
IMG_6520 (1)

IMG_6451 (1)

IMG_6450 (1)

後から写真を見て気が付いたのですが、アゴが外れたのか、苦しそうにしているカモメが写っていました。
ピンボケですが。ブリコを食べすぎたのでしょうか。
IMG_6420 (1)

IMG_6421 (1)

IMG_6422 (1)

IMG_6423 (1)
アウ~。クルシカッタネー。
IMG_6424 (1)

この茶色い物体は、ゴルフボールほどの大きさです。
IMG_6120 (1)

IMG_6464 (1)

IMG_6462 (1)

IMG_6124 (1)

今夜はお酒がおいしく飲めそうです。

※ブリコは通常、海藻にからめて産卵され、孵化されます。打ち上げられたブリコは鳥に食べられるか、腐ってしまうだけなので、きめ細かな法整備が待たれます。

category: 森山海岸

tb: 0   cm: 7

木蓮寺トンネル@五能線  

五能線シリーズその2
「木蓮寺トンネル」
県境を越えて3つ目のトンネルです。
まるで絶景を楽しむためにわざわざこんな崖の上に線路を作ったのではないかと思うほどの難所です。
昔、ここを登れずに列車が立ち往生したことも何度かありました。コワカッタヨー。
今は安全基準がしっかりなされているようで、少し危険を察知すると運休になります。

IMG_4843_2.jpg
(2011.12.09撮影)

IMG_5626.jpg
(2011.05.15撮影)

category: 五能線

tb: 0   cm: 2

雪のグラデーション  

白神川河口から白神岳
IMG_4930(1).jpg
(2011年12月10日撮影)

category: 白神岳

tb: 0   cm: 0

輝き増す初冬の白神岳  

米代川からの白神岳
少しずつ、白く輝きを増してきました。
IMG_4881_2.jpg

小さく山頂小屋も見えます。
IMG_4882_2.jpg

藤里駒ヶ岳
IMG_4864_2.jpg

うっすらと雪化粧をした河川敷
IMG_4895_2.jpg

category: 白神岳from秋田

tb: 0   cm: 2

冬の夜空  

厚い雲の間からぽっかりと夜空が見えました。
月はすぐに隠れてしまいましたが、オリオン座が姿を現してくれました。
IMG_5483(1).jpg

IMG_5475.jpg
八峰町水沢川河畔にて。


category: その他

tb: 0   cm: 0

潮(うしお)逆巻く西の海  

タイトルは、母校の校歌の1フレーズです。

弘前からの帰り道。千畳敷海岸にて

荒波を往くタンカー。大きく揺れていました。
IMG_5444 (1)

よく見ると波をかぶってしまっています。無事を祈ります。
IMG_5448 (1)

波の形。
IMG_5393.jpg

波の華。
IMG_5224.jpg

雪雲が白神山地に迫る。
鰺ヶ沢からの海岸線を南下してくると、それまでとは少し雰囲気が変わり、
南面しているためか、海が穏やかに見えます。
岩崎漁港にて。
IMG_5456 (1)

太宰治『津軽』より。
「やはり、もうこの辺から、何だか、津軽ではないような気がするのである。津軽の不幸な宿命は、ここには無い。」

category: 深 浦

tb: 0   cm: 0

津軽冬景色  

太宰治の小説『津軽』で、彼は深浦まで来訪し、「ここはもう(趣きが)津軽ではない」と述べています。
さらにその先に住む私にとって、こどものころから、「津軽」は少し遠い存在でした。
住所は「西津軽」なので、一応は津軽人なんでしょうけど・・・。
車で一時間半ほどの弘前まで、所用で行ってきました。
(寄り道しすぎて、3時間近くかかってしまいましたが。)

無料高速道路の広域農道「やまなみロード」から。
冬空の一瞬の青空に輝く岩木山の裾野。
IMG_5030 (1)

わずかな青空は、一瞬にして北からの雪雲に覆われてしまいました。
IMG_5059 (1)

やまなみロードから、津軽平野(板柳町付近)を見下ろす。
北側(写真左手)から迫る雪雲。
IMG_5063 (1)

リンゴ畑にナナカマドが1本。
IMG_5096 (1)

「津軽平野」といえば、この人でしょうか。昨日から騒がれているようですが。

浅いような深いような・・・。




さて、気を取り直して。




弘前城外濠にて、シラサギを発見!。
……シタタタッ ヘ(*¨)ノ
IMG_5009.jpg

スレンダーです。
IMG_4994 (1)

お上品な佇まい。
IMG_5003 (1)

IMG_5013 (1)

お上品なシラサギの後でアレなんですが、お約束の休憩スポット。
わさおの店に寄ってあげました。寄らせていただきました。
IMG_5194.jpg
いつもと違って、何かものものしい警備体制だったので、近寄ることはできませんでしたが、
こちらを向いてくれました。警備の人に聞いたら、「ドラマの撮影」とのこと。何のドラマか尋ねると
「志村けんの動物園」とか言っていました。12月24日オンエアだそうです。
あの番組ってドラマでしたっけ?

IMG_5178.jpg
わさおの店(イカ焼き)上空に群がるカモメ。

category: 弘 前

tb: 0   cm: 2

雪夜2  

今日も夕方から雪となりました。
県境の町、秋田県八峰町の小入川橋。
IMG_4916s.jpg

橋の下から。
IMG_4924.jpg

橋の上から。
IMG_4921.jpg

信号待ち中に。
IMG_4904s.jpg

5センチほど、積もりました。

category: 県 境

tb: 0   cm: 4

雪夜  

夜になって雪が降り始めました。
明日は早起きしなくては。

IMG_4816.jpg

IMG_4810 (1)

20111208.jpg
※車窓から、チゴキ崎灯台と大間越トンネル

category: 県 境

tb: 0   cm: 2

森山トンネル@五能線  

五能線シリーズ、始めました。
(※撮影時期はランダムです。)

シリーズその1
「森山トンネル」
五能線が海側を、旧国道101号が山側を走っています。
トンネルは、岩盤部を選んで穿たれている箇所が多いです。
当時はまだ防水技術が進んでいなかったためではないかと勝手に推測しています。
この区間は1932年(昭和7年)開通。

IMG_4765.jpg

遠景。トンネル上部の岩山は、茶右衛門館(ちゃえもんだて)と呼ばれ、戦国時代と江戸時代の2度、居城として使われています。
IMG_4413.jpg

トンネル部分をズームイン。運よくリゾートしらかみ「橅(ぶな)」号が通過。
IMG_7684.jpg



失恋しなくても、また乗ろう!

車窓からの風景
トンネルの南側
森山トンネル南


トンネルの北側
森山トンネル北

「五能線の旅」ポスターをUPしておきます。駅で撮ったものです。
五能線の旅トリミング

category: 五能線

ハタハタを捕えるカモメ  

ハタハタ接岸の時期になりました。森山海岸にて。
IMG_4533s.jpg

category: 森山海岸

tb: 0   cm: 4

強風警報  

今日は強風警報発令の大荒れの一日となりました。
停電になったところもあるようです。

アオーネの坂から森山海岸を見下ろす。
大時化に、海の色も濁り、塩霧で霞んでいます。
IMG_4725.jpg

夕方、西の空のレンブラント光線。
IMG_4707 (1)

category: 森山海岸

tb: 0   cm: 2

まつりのあと  

小友沼の昼
朝のにぎやかさとはうって変わって、さびしくなるほどの静けさです。
IMG_4129.jpg

category: 小友沼

tb: 0   cm: 0

塒立ち  

夜明けの小友沼。その2。

雁の塒立ちです。


突然、空気を切り裂くようなざわめきとともに、
IMG_4517s.jpg

IMG_4521s.jpg

朝焼けの方へ飛んで行きました。
IMG_4543s.jpg

続いて、ハクチョウの塒立ちです。
IMG_4656s.jpg

長い滑走距離と低空飛行。優雅です。
IMG_4662s.jpg

朝焼けの反対側へ飛んで行きました。
IMG_4685s.jpg

category: 小友沼

tb: 0   cm: 6

塒(ねぐら)  

夜明けの小友沼。

IMG_3718_2.jpg

IMG_3721_2.jpg

IMG_37033.jpg

IMG_3691_2.jpg

二本脚で歩く雲形の新しい乗りもののように見えた・・・。(筋斗雲?)
IMG_3819.jpg

category: 小友沼

tb: 0   cm: 0