Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

冬の夕焼け何をする?  

秋の夕焼けは鎌を研げ!ですが、
冬の夕焼けは何もしなくて良いですね。
春の陽気が続いています。

IMG_3471mi.jpg

本日もお越しいただき、ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 岩 崎

tb: --   cm: --

冬の星空  

IMG_3496mi.jpg

ちょっと粗い画像ですみません。
ISO3200です。
-- 続きを読む --

category: 艫作崎

tb: --   cm: --

登山は登山口から登るものですが、登山口まで行くのがせいいっぱいでした。  

登山口までの町道が雪で進入不能につき。
はじまりさえ歌えない~みたいな(苦笑)。
IMG_3400mi.jpg
登山口のブナを見て帰ってきました。
(本当はマテ山まで行くつもりでしたが、、、)
-- 続きを読む --

category: 白神岳

tb: --   cm: --

続・ラッセル者  

IMG_2053mi_20140223185511340.jpg

山から帰ってきて、なぜか腕が筋肉痛になっているのに気づきました。
そういえば、朝、家の雪かきを猛スピードでしたのでした。

本日もお越しいただき、ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 白神岳

tb: --   cm: --

少しずつ陽の差す時間が増えてきました。  

2月も終盤。
長く暗い冬ももうちょっとの我慢です。
少しずつ、陽の差す時間が増えてきたような気がします。
今までは朝、暗いうちに起きていましたが、最近は起きると既に明るくなっています。
IMG_3363mi.jpg

本日もお越しいただきありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 県 境

tb: --   cm: --

ラッセル者  

除雪車のことをラッセル車と言います。
wikipediaで検索すると、除雪車を開発したラッセル社に由来しているようです。
登山用語で、雪を漕いで進むことをラッセルと言いますが、
wikipediaによると、登山用語として用いる「ラッセル」は「日本でのみ言われる用語」だそうです。

1枚目の写真が、スノーシュー大股ラッセルで、
2枚目の写真が、つぼ足小股ラッセル。
体力を消耗しないラッセルを日々研究しています(苦笑)。

IMG_1609mi.jpg

IMG_1880mi.jpg

昨日、ある講習会に出席したのですが、講師の大学教授がおっしゃっていました。
「wikipediaほどいい加減なものはないのであまり参照しないほうが良い」
・・・(困)。



本日も、ご訪問ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 崩 山

tb: --   cm: --

朝の鹿の浦2  

一枚だけ、のつもりの二枚目。
IMG_3109mi.jpg

本日もお越しいただき、ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 県 境

tb: --   cm: --

朝の鹿の浦  

いつものことですが、写真を1枚だけ、、、と思い寄り道をすると、
撮影に夢中になって10分ぐらい時間が経ってしまい、結局遅刻してしまうのです。


本日もご訪問ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 県 境

tb: --   cm: --

再び崩山へ3  

崩山のブナ林です。
IMG_1745mi.jpg
-- 続きを読む --

category: 崩 山

tb: --   cm: --

再び崩山へ2  

クドいようですが、またしても崩山に登ります。
途中の尾根から大崩を見る。
IMG_1597mi.jpg

-- 続きを読む --

category: 崩 山

tb: --   cm: --

再び崩山へ  

またしても、崩山へ行ってきました。
IMG_1534mi.jpg
今回は吹雪ときどき晴れの天気で、なんとか眺望を得ることができました。

category: 崩 山

tb: --   cm: --

真冬の崩山へ(3)  

標高750m付近まで登って来ました。
アオーネ出発から4時間半。
崩山山頂まで、あと標高差200m。
しかし、ここまででだいぶ体力を消耗してしまいました。
下りは、滑るなり転がるなりして帰れるのでもうちょっと頑張ろうかなとも思いましたが、

諦めます。

IMG_1393mi.jpg

-- 続きを読む --

category: 崩 山

tb: --   cm: --

真冬の崩山へ(2)  

崩山頂上を覆っていた重そうな雲は、
なんだか少しずつ沈んできつつあるように見えました。
IMG_2965mi.jpg
-- 続きを読む --

category: 崩 山

tb: --   cm: --

真冬の崩山へ(1)  

冬季閉鎖の県道十二湖線を歩きます。
あわよくば崩山登頂を狙って。

スタート地点のアオーネ白神十二湖。
朝は穏やかな天気でした。
このまま徐々に天気が良くなって、青空が広がることを期待しながら進みました。

-- 続きを読む --

category: 崩 山

tb: --   cm: --

再び白神ラインへ  

先週に引き続き、またもや白神ライン(弘西林道)へ行ってきました。
先週はあいにくの雨だったのと、昼飯も持たずに向かったのですが、
今回は、しっかり準備して、早起きして向かいました。
目的地は冬季閉鎖ゲートから8.8km地点にある白神展望所。
往復17.6kmの長旅です。
新しく購入したクロスカントリースキーで行きます。
(念のため、スノーシューも持っていきましたが、結局使いませんでした。)


東京に雪が降ると、こちらは天気が良くなることが多いのですが、
今回はこちらも天気が悪かったです。
ただ、いつもは西から風が吹くのですが、この日は東から風が吹いていました。

朝7:30にゲートを出発し、白神展望所へは11:30の到着でした。
スイスイ滑りながら行ったので、歩くよりは早いと思ったのですが、
一昨年5月に歩いたときとほぼ同じペースでした(--)。
帰りはさすがに早かったです。下りでしたので。

展望所から白神岳山頂方面を見る。
山頂は、見えているようで見えていません。
山頂付近では、雪を巻き上げて東からの激しい風が吹いているのが分かります。
IMG_0993mi.jpg

写真もそこそこに、昼飯の支度を始めたところ、
天候が急激に悪化し、視界が悪くなってしまいました。
風も強くなってきました。
さすがに展望所とあって、強風が吹きあげてきます。
場所を移動しようかと思いましたが、
既にお湯を沸かしている途中でしたので、強風を浴びながらの昼飯となってしまいました。
吹雪の中での昼飯は、とても間抜けな感じがしました。

IMG_1031mi.jpg
-- 続きを読む --

category: 岩 崎

tb: --   cm: --

森山海岸の朝  

IMG_2805mi.jpg

座礁船のその後。まもなく一年。
IMG_2870mi.jpg


IMG_2923mi.jpg

白神岳山頂は、惜しくも見えない(泣)
IMG_2907mi.jpg


IMG_2934mi.jpg


IMG_2864mi.jpg

IMG_2888mi.jpg

二番列車が通過した。

category: 森山海岸

tb: --   cm: --

柱状節理  

IMG_2882mi.jpg

IMG_2878mi.jpg

IMG_2801mi.jpg

IMG_2809mi.jpg

category: 森山海岸

tb: --   cm: --

冬の笹内川3  

IMG_2718mi.jpg
-- 続きを読む --

category: 岩 崎

tb: --   cm: --

冬の笹内川2  

早く気温が下がって雪になってくれ、、、と願っていましたが、
時間が経っても、上流へ進んでも、雨は雨のままでした。
コンデジ撮影を続けてきましたが、
せっかく持って来たので一眼レフを取り出し、撮りました。
河口から10km上流地点です。

IMG_2598mi.jpg

ここまで来ると、海からの西風の影響も少ないため、雪は垂直に積もります。
1mほどの積雪がありました。



-- 続きを読む --

category: 岩 崎

tb: --   cm: --

冬の笹内川1  

冬の笹内川に行ってきました。
久しぶりの長編アドベンチャーです。
冬季通行止めの弘西林道(白神ライン)を東へ東へ。
IMG_0639.jpg
-- 続きを読む --

category: 岩 崎

tb: --   cm: --