Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

真夏の崩山2  

しばらくガスが晴れるのを待っていましたが、眺望も得られないので下山を始めました。
5分ほど進むと、突然頭上が明るくなりました。
既に森の中に突入していましたが、ひょっとして?
と思い大崩へ引き返しました。
さっきまで目前を塞いでいたガスがみるみるうちに背後へ流れて行き、
眼下に十二湖が見えてきました。
IMG_3553mk.jpg
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 崩 山

tb: --   cm: --

真夏の崩山  

崩山から鶏頭場の池を見下ろす。
IMG_3642mk.jpg
-- 続きを読む --

category: 崩 山

tb: --   cm: --

穏やかな日本海  

お盆が過ぎて、海の穏やかな日が続いています。
IMG_3395mk.jpg

漂流しているゴムボートが発見されましたが、人は発見されませんでした。
捜索願いも出されていないことから、ゴムボートだけが流されたようです。
渚で昼寝しているうちに流されたのでしょうか。

よくあるんですよね。渚に置いておいた浮き輪やゴムボートが、気付くと流されてしまっていることが。

こんな穏やかな海を見ていると、冬にあれほど荒れ狂うことが信じられません。

category: 県 境

tb: --   cm: --

夏の岩木山  

IMG_3352mk.jpg

category: 青森の山

tb: --   cm: --

赤レンガ郷土館  

明治45年に建てられた建築です。
IMG_3143mk.jpg

今年のお盆休みは雨で始まり
IMG_3146mk.jpg

雨で終わりそうな感じです。
IMG_3154mk.jpg

久々の天井カメラマン!
IMG_3168mk.jpg

お陰で日焼けせずに済みました。
IMG_3172mk.jpg

14日の午後、少しだけ晴れたので、水泳療法に行ってきました。
IMG_3189mk.jpg

奥に見えるのは金庫です。
IMG_3190mk.jpg

このところ、誰も泳いでいないおかげで、
IMG_3197mk.jpg

大量のアバビがありました。
IMG_3246mk.jpg

今までの人生で一番大きいと思われるアバビをゲットし、
IMG_3244mk.jpg

貴賓室
IMG_3226mk.jpg

ここの天井を写すのを忘れてしまいました。
IMG_3234mk.jpg

量りに乗せたところ、
IMG_3223mk.jpg

280gありました。
IMG_3207mk.jpg

中学生のときに250gのアバビをとってびっくり仰天したことがありますが、
IMG_3221mk.jpg

それ以来の大物でした。
IMG_3253mk.jpg

夏休みも残すところあと一日となりました。
IMG_3248mk.jpg

水泳療法で腰が完治したようなので、
IMG_3142mk.jpg

明日は岩木山に復帰第一弾登山に行ってきます。
曇りの予報なので、だめっぽかったら千畳敷で牡蠣を食べて帰ってきます。

category: その他

tb: --   cm: --

山の日  

白瀑のまわりは体感温度25℃程度。
瀑風を浴びて涼しく快適でした。
快適でしたが、ずっとここにいるのもアレなので、
どこか涼しいところはないかと頭をめぐらせ、青秋林道へ行きました。
行く前から頭の中は既に高原の爽やかドライブ。
IMG_2984mk.jpg
下界では車の温度計が32℃を示していました。
標高100m上るごとに気温が0.6℃下がると言われます。
林道を進むごとに、31.5℃、31.0℃、30.5℃と、順調に温度が下がって行きます。



素晴らしい。計算通り。

標高700mを超えたあたりで、26.5℃を表示していました。
エアコンを止めて窓を開けると、なんと虻が窓から入ってきます。
沢筋だからしょうがない。
慌てて窓を閉めました。

ここで林道は、沢を離れ、日当りの良い斜面をトラバースするように進みます。
虻も居なくなったところで、やっと快適爽快ドライブ、と思った矢先、

温度計は27.0℃、27.5℃、28.0℃、、、

う、、、。

森林限界を越えた高原は、日当りが良すぎて、標高900m地点で28.5℃でした。
あまり快適ではなかった、、、(涙)。


8月11日は山の日でした。
再来年から祝日になるんですね。


ところで、、、
-- 続きを読む --

category: その他

tb: --   cm: --

白瀑  

真夏日の日、涼を求めて白滝へ行ってきました。
IMG_2869mk.jpg

IMG_2883mk.jpg

IMG_2973mk.jpg

IMG_2957mk.jpg

category:

tb: --   cm: --

座礁船その後 vol.5  

IMG_2862mk.jpg

IMG_2866mk.jpg

IMG_2859mk.jpg

子供の頃に観た『未来少年コナン』で、
地面に突き刺さったロケットや、海に沈んだ船の絵が、印象に残っています。
遺跡というのは、ほったらかしにされた結果遺るものなんだなと
この座礁船を見て思いました。

あ、この船だと仮に遺ったとしても遺跡になりませんが。

掃除していない海岸は、ごみが目立ちます。
大雨の後は川から流された倒木や枝が大量に海岸に打ち寄せられますが、
いつのまにか無くなっていきます。

鉄はやがて腐っていくようです。
ガラスは割れて磨かれて石のようになります。
アルミは腐らずに残っているように思います。

海岸のゴミで一番目立つのが、洗濯洗剤の塩化ビニル製の容器です。
ハイターとか。ハミングとか。
あとポリバケツの割れたやつとか。

燃やさない限り残り続けるのかもしれません。

ときどきタイヤも落ちています。










category: 岩 崎

tb: --   cm: --

真夏の艫作崎農場  

暑い日が続いています。
IMG_2846mk.jpg

今日も朝から暑かった。
IMG_2850mk.jpg

朝の涼しいうちに艫作の農場へ行ってきました。
IMG_2841mk.jpg

インターネットは一週間ぶりにめでたく復活しました。
IMG_2833mk.jpg

NTTの方が手とり足とり、電話で対応してくれました。
IMG_2814mk.jpg

ルーターの再起動を自分なりに何度もやったつもりでしたが、
本気で再起動するときは5分以上停止してから起動すると良いとのことで、
電話で5分待っていただき、一緒に復活の喜びを分かち合うことができました。
IMG_2823mk.jpg

category: 艫作崎

tb: --   cm: --

  

最近、撮りたいものがあまり無くて、鰻重なんかを撮ったりしていましたが、
移動中、通りかかった角助沼の蓮が綺麗だったので、撮りました。

IMG_2701.jpg

暑かったのであまり外に長くいるつもりは無かったのですが、
IMG_2707.jpg

気がつくと汗だくになっていました。
IMG_2752.jpg

ところで最近、インターネットがつながらず、
IMG_2331.jpg

線を抜いたり差したり、
IMG_2344.jpg

モデムの電源を消したりつけたり、
IMG_2345.jpg

パソコンを再起動したり
IMG_2349.jpg

設定しなおしたり、
IMG_2374.jpg

いろいろやっていますが全くダメで、
IMG_2355.jpg

これはきっと私のせいではないという結論に行き当たり、
IMG_2365.jpg

明日、NTTに連絡しようと思います。
IMG_2397_2.jpg

あ、写真とは全然関係無い話ですみません。
IMG_2334.jpg

さっきの写真はホットドックみたいですね。
その前の写真はおがりすぎだ椎茸みたいです。
IMG_2327.jpg

それにしても広大な蓮沼ですね。
ここは秋田県三種町の角助沼。
IMG_2326.jpg


かくさんとすけさんを足して2で割ったような名前の沼です。
IMG_2396_2.jpg

近くに惣三郎沼という沼もあります。
IMG_2708.jpg

角助沼にはじゅんさい採りの船がありました。もう使われていないように見えますが。
IMG_2342.jpg

このあと秋田へ向かったのですが、
IMG_2753.jpg

すっかり蓮に魅せられて、
IMG_2713.jpg

暑い中懲りもせず、
IMG_2715.jpg

秋田でも蓮を撮ってしまいました。
IMG_2736.jpg

暑いな〜と思っていると、不思議とババヘラが目につくものです。
IMG_2679.jpg

いろんな形(状態)の蓮がありますが、
IMG_2754.jpg

だんだん順番が分かってきました。
IMG_2775.jpg

暑くてちょっとぼーっとしています。







category: 山野草

tb: --   cm: --