Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

笹内川から太夫峰へ(1)  

IMG_1945mo.jpg
太夫峰(左のピーク)から吉ヶ峰へ続く稜線。
白神ライン(弘西林道)は5月末まで開通しないので、なかなか太夫峰へ登ることができません。
なんとかして行く術はないものかと考えていたところ、地図である林道を見つけました。
この林道をたどって、太夫峰へ続く尾根に取り付けるかもしれない、
そう思って、ダメ元で行ってみることに。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 太夫峰

tb: --   cm: --

笹内川を奥へ  

笹内川沿いの白神ラインを奥へと進みます。
向白神岳が見えてきました。
IMG_2119mo3.jpg
これは夕方の写真。
-- 続きを読む --

category: 岩 崎

tb: --   cm: --

笹内川の水  

IMG_1594mo.jpg
-- 続きを読む --

category: 岩 崎

tb: --   cm: --

雪解けの笹内川  

IMG_1669mo.jpg

IMG_1569mo.jpg

IMG_1787mo.jpg

category: 岩 崎

tb: --   cm: --

30年目を迎えた山小屋  

IMG_0960mo.jpg

category: 白神岳

tb: --   cm: --

雪庇  

雪の庇(ひさし)と書いて「せっぴ」と読みます。
言葉の響きがちょっとあれですが、決して、雪の屁ではありません。
IMG_1098mo.jpg
-- 続きを読む --

category: 白神岳

tb: --   cm: --

雪崩跡  

白神岳東側斜面で、雪崩跡が見られました。
登山道のある尾根沿いではこれほどの雪崩は起きないように思いますが、
条件によってはあり得るのかなと思うとちょっと怖くなりました。
d4237f9819502ddc7f1117afe1726dcd.jpg

category: 白神岳

tb: --   cm: --

流雪紋  

昨日のすり鉢状の写真の下方を写す。

56e7daf8d34e85bc3c6a94df523a847d.jpg

勝手に「流雪紋」と書きましたが、そういう言葉は無いのかもしれません。
でもこれは風雪紋(シュカブラ)ではないのだと思います。
雪解けの表面水が流れた跡だと思います。
黄砂の影響か、花粉なのか、雪面は真っ白ではなく少し黄色みがかって見えました。
私は花粉に鼻をムズムズさせながらの登山となりました。

category: 白神岳

tb: --   cm: --

白神岳東側斜面  

IMG_1514mo2.jpg
白神岳に行ってきました。
ちょっと足を延ばして玄関岳まで。
いつも見ている西側斜面と違った一面を見ることができました。

category: 白神岳

tb: --   cm: --

ナクア白神スキー場3  


IMG_0405mn.jpg

-- 続きを読む --

category: その他

tb: --   cm: --

ナクア白神スキー場2  

日本海、大戸瀬崎方面
IMG_0336mn.jpg
-- 続きを読む --

category: 未分類

tb: --   cm: --

ナクア白神スキー場1  

ゴンドラから岩木山頂を写す。
IMG_0392mn.jpg
-- 続きを読む --

category: その他

tb: --   cm: --

岩木山遠望  

つがる市森田からの岩木山
IMG_3459mn.jpg
鳥にピントを合わせるべきでした。
-- 続きを読む --

category: 青森の山

tb: --   cm: --

鳥居崎  

風合瀬の鳥居崎。
海に突き出た電柱には、必ずといっていいほど1羽のゴメが止まっています。
IMG_4247mn.jpg
2羽とか3羽止まっているところも見たいような気がしますが・・・。無理か・・・。

category: 深 浦

tb: --   cm: --

続・福寿草2015  

雪の降った後の早朝、
咲き始めた福寿草を見に行きました。
遅刻覚悟で(汗)。
時間が無かったのでコンデジで(言い訳)。
IMG_0195mn.jpg


-- 続きを読む --

category: 山野草

tb: --   cm: --

八甲田大岳登山(6)  

八甲田大岳登山、最後の記事です。
樹氷の写真を集めてみました。
IMG_3689mn.jpg
-- 続きを読む --

category: 青森の山

tb: --   cm: --

八甲田大岳登山(5)  

井戸岳。画面中央は大岳避難小屋。
IMG_3893mn.jpg

-- 続きを読む --

category: 青森の山

tb: --   cm: --

八甲田大岳登山(4)  

八甲田大岳から高田大岳を見る。
e56225f310cee9d24f75fbe4435949ef.jpg
-- 続きを読む --

category: 青森の山

tb: --   cm: --

八甲田大岳登山(3)  

50799993c54100867e4d678eef2a9812.jpg

運動不足の苦しい登山となりましたが、誰のせいでもない、自分のせいなので、つべこべ言わずに登頂します。
-- 続きを読む --

category: 青森の山

tb: --   cm: --

八甲田大岳登山(2)  

酸ヶ湯から登山開始です。
これから登る八甲田大岳1585m。
あまりの好天に、はやる気持ちを抑えながら身支度をする。
IMG_3468mn.jpg

初めての冬の八甲田登山です。
-- 続きを読む --

category: 青森の山

tb: --   cm: --

八甲田大岳登山(1)  

八甲田大岳に登ってきました。
絶好のコンディションでした。天候は。
IMG_4068mn.jpg
最近、まったく体を動かしていないため、極度の運動不足で泣きそうになりました。
へづねがった。

category: 青森の山

tb: --   cm: --

黄金崎のゴメ(3)  

IMG_6342mn.jpg
最近、身の回りの出来事や、日々起こる事件や事故を眺めながら、それらの背景には、大事に至らないまでも多くの似たような事が起きているはずだと思うことが多いです。
こういうのを何と言うんだったっけ?
ヒヤリハット?
と思い調べたら、ハインリッヒの法則と言うんですね。
wikipediaより:「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する」

異常を300も繰り返す前に、どこかで誰かが気づいてあげなければいけないですね。

category: ゴメ

tb: --   cm: --

雨上がりの白神岳  

雨上がりの朝。
山は雪だったようです。
IMG_3435mn.jpg

IMG_3426mn.jpg

真瀬岳も綺麗に見えていました。
IMG_3443mn.jpg

category: 白神岳

tb: --   cm: --

黄金崎のゴメ(2)  


category: ゴメ

tb: --   cm: --

黄金崎のゴメ(1)  

IMG_6519mn.jpg

category: ゴメ

tb: --   cm: --

昨日の崩山  

夕日を受けて、ほんのり赤みを帯びた崩山。
IMG_3281mn.jpg

ここから見ると、崩山への登山ルートが良く分かります。
崩山登山道は沢筋を行くのだと認識できます。
IMG_3255mn.jpg

白神岳からマテ山へ続く尾根。
白神岳登山道は尾根筋を行くのだと認識できます。
こうして見ると尾根線は明確ですが、一度だけ、ケッツ滑りに夢中になったせいで、
尾根線から外れて迷ってしまったことがありました。
IMG_3259mn.jpg
今日から3月です。

category: 崩 山

tb: --   cm: --