Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

ハマエンドウ  

久しぶりに海へ行ってみました。
IMG_6913mo.jpg
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 森山海岸

tb: --   cm: --

藤里駒ヶ岳(登頂編)  

まもなく山頂です。登山開始から2時間ほど。
風が気持ちいい尾根歩き。
IMG_4399mo.jpg
-- 続きを読む --

category: 秋田の山

tb: --   cm: --

藤里駒ヶ岳登山〈登り編〉  

前回の白地山登山成功に気を良くし、
「次の晴れた日曜日は秋田駒ヶ岳に行こう」と思っていました。
一週間後、早くも「晴れた日曜日」が来てしまいました。
これは行くしか無い、と張り切るべきところですが、
行く段になって、なんとなく車の運転がおっくうになり、近場で済ませようと、
朝の時間をゆっくり過ごしてから、白神山地(秋田側)の小岳に向かいました。

いろいろ考え事をしていたのかもしれません。
近場だと思って油断していたのもあるかもしれません。
途中まで通勤路と同じルートだったこともあり、いつもの習慣で職場の方向へ向かってしまい、
15kmの遠回り(泣)。
しかも未舗装林道1時間の激しい運転で、登山口に着く頃にはへとへとになってしまいました。
近場のつもりでしたが、2時間以上も運転してしまいました。
秋田駒の方が楽だったかなと思うほど。

しかも、小岳方面の林道は通行止め。
しばらく悩んで迷って、小岳を諦めて藤里駒ヶ岳に登ることにしました。

秋田駒ヶ岳のつもりが結局藤里駒ヶ岳に。
同じ駒ヶ岳だからまあいいか。

既に昼近くなってしまい誰も居ない登山口。
b3174c0631a15695e71a367b982f39ab.jpg

タケノコ採りの人達も次々に帰って行くので、なんだか取り残された気分の中、登り始めました。
-- 続きを読む --

category: 秋田の山

tb: --   cm: --

エゾハルゼミ  

抜け殻は良く見るのですが、中身を見たことがありません。
IMG_4232mo.jpg

衣替えの季節です。
IMG_4235mo2.jpg

category: その他

tb: --   cm: --

素波里ダム  

秋田県藤里町の素波里(すばり)ダムです。
IMG_4702mo.jpg
-- 続きを読む --

category: その他

tb: --   cm: --

三日月の夜  

米代川橋梁@五能線を撮った後、三日月が綺麗だったのであちこち立ち寄りながら帰りました。
大きい三脚を車に積んでいなかったため、フニャフニャのミニ三脚とコンデジを使って。

八峰町椿にて。
IMG_4172mo.jpg
-- 続きを読む --

category: その他

tb: --   cm: --

米代川橋梁@五能線  

IMG_4152mo.jpg
-- 続きを読む --

category: 五能線

tb: --   cm: --

大川岱分岐展望所より  

白地山からの下山時。
大川岱分岐展望所より、十和田湖を見下ろす。
IMG_6835mo2.jpg

白地山頂上からは十和田湖が見えませんでしたが、
高層湿原を下り終わり、大川岱分岐まで来ると展望が開けます。
長い道のりを歩いての登山でしたが、標高では御鼻部山展望台より低いんですね。
997m。御鼻部山は標高1011m。
-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

白地山の頂上から  

岩木山
IMG_6657mo.jpg

南八甲田
IMG_6753mo.jpg

乗鞍岳の奥に高田大岳
IMG_6774mo.jpg

御鼻部山をズーム
IMG_6777mo.jpg

戸来岳
IMG_6789mo.jpg

白神岳
IMG_6660mo.jpg

IMG_6672mo.jpg

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

霧雨(のち晴れ)の白地山登山3  

雨もすっかり上がったし、タケノコ採りなんかしてる場合ではありません。
行かない理由が無くなったので、本気で頂上目指して進みます。
IMG_3619mo.jpg


十和田湖を横に見ながら。
地図を俯瞰するようにグーグルアースを見るように。
-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

霧雨の白地山登山2  

雨だけでなく、強い風が吹いていて、合羽を着ていても寒いぐらいでした。
天気予報は晴れでも、やっぱり山の天気は分からないものだと思い知らされました。

IMG_3517mo.jpg
-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

霧雨の白地山登山1  

天気予報は晴れでしたが、登山口に着くと霧雨でした。
IMG_3456mo.jpg
雪の重みから解放されようとするブナの木です。
こういう状態の木が、突然起き上がることがあります。
びっくりします。
-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

天守から下乗橋を見下ろす  


このところ、激しい雨や雷が続いています。暖かい空気と冷たい空気が行ったり来たりです。
弘前城天守は、1627年落雷で焼失しました。現存の天守は1810年に辰巳櫓を改造したものだそうです。
当初の天守は5層だったと言われていますので、現存していれば昨日国宝指定が決まった松江城のように扱われたかもしれません。
青森県内には現在、国宝建築物はありません。
-- 続きを読む --

category: 弘 前

tb: --   cm: --

喧噪の露店街を抜けて  

北の郭につきました。
IMG_3146mo.jpg
-- 続きを読む --

category: 弘 前

tb: --   cm: --

亀の甲門  

いつもは追手門から入るのですが、今回は石場家を見たついでに、久しぶりに亀の甲門(北門)から入ってみました。
こどもの頃は、ここから入って露店にまっしぐらでした。
そんな昔のことを思い出しました。
IMG_3125mo.jpg


IMG_3127mo.jpg



亀の甲門から、石場家を振り返る。
桜祭り期間中だけでも、警備員さんが侍の格好をしてくれたらなと思いました。
IMG_3129mo.jpg

誘惑に負けずに天守にたどりつけるか(笑)。
IMG_3132mo.jpg

category: 弘 前

tb: --   cm: --

石場家住宅  

江戸中期(18世紀中頃)の建築です。
国指定重要文化財。
弘前公園の北側、亀の甲門の目の前にあります。
もともとは、代々わらじなどの雑貨荒物を取り扱う弘前藩の御用商人だったそうです。
文化財ではありますが、現役のお店「石場屋」です。

-- 続きを読む --

category: 弘 前

tb: --   cm: --

盛美園  

黒石の隣、平川市尾上にある、同じく大石武学流の盛美園です。
IMG_2976mo.jpg
-- 続きを読む --

category: 弘 前

tb: --   cm: --

金平成園(澤成園)  

2006年、国指定の名勝に指定された庭園です。
連休最終日、春の一般公開の最後のチャンスと思い、黒石まで行ってきました。
指定から9年かけて整備が行われてきたそうです。
IMG_2861mo.jpg

-- 続きを読む --

category: その他

tb: --   cm: --

それぞれの春  

いろんな形の春があるものです。
IMG_6273mo.jpg

崩山登山の途中、コンデジマクロで頑張ってみました。

-- 続きを読む --

category: 山野草

tb: --   cm: --

岩木山遠望(2)  

「五月の空の青と萌える緑の間に
薄紅色の小さな林檎の花が咲いている♪」(by槇原敬之)

まさにそんな感じの季節。

リンゴの花と岩木山
IMG_6451mo.jpg

IMG_6453mo.jpg

IMG_6474mo.jpg

リンゴの花と桜の花と岩木山
IMG_6475mo.jpg

IMG_6479mo.jpg

桜と落葉松と岩木山
IMG_6488mo.jpg

リンゴの花と菜の花と岩木山
IMG_6505mo.jpg

category: その他

tb: --   cm: --

岩木山遠望(1)  

IMG_2784mo.jpg

category: その他

tb: --   cm: --

崩山登山  

もう何回目になるでしょうか。
30回目ぐらいかもしれません。
崩山に登ってきました。
白神岳登山の回数はしっかり覚えているのですが、崩山へは、ブログを始める前から登っていいたし、
キノコ採りに行ったりもするので、改めてカウントしていません。
IMG_2618mo.jpg

初めて登ったのは、高校生のときでした。山菜採りに崩山に行くという祖母さカダッテ、
崩山の景色を見たい一心で、付いていきました。
IMG_6338mo.jpg

ミズという山菜の採り方も知らない私は、ただ初めて見る日本海の景色を眺めるだけで満足で、
帰りに祖母にミズを5輪だけ背負わせてもらい、下山しました。
背負ったときは、「たったの5輪?もっと背負ってもいいよ?」と思いましたが、
下山時には肩に食い込むミズの重さに泣きそうになっていました。
ちなみにそのとき祖母は30輪背負っていました。

もう、祖母は山へ行くこともできない高齢になってしまったので、
せめて山菜を採ってきてあげることぐらいしかできませんが、
当時30輪を背負った祖母の体力は、今の私が祖母を背負って崩山に登るほどのものだったかもしれません。
現在92歳。
IMG_6396mo.jpg

登山の合間に山菜(アイッコ=ミヤマイラクサ)を採りましたが、ほんの一掴みのアイッコしか採れませんでした(汗)。
IMG_6412mo.jpg

しかも、手袋を忘れて行ったので、十二湖の売店で知り合いから手袋を借りて、
「いっぺ採ってこいよ」とプレッシャーをかけられたので、手土産に一掴みのアイッコをお返しに渡し、
家には手ぶらで帰ったのでした(笑)。
これはプラスマイナスゼロということで許されるでしょうか。
それとも体力を消耗した分、マイナスでしょうか(涙)。

category: 崩 山

tb: --   cm: --

新緑の青池  


-- 続きを読む --

category: 十二湖

tb: --   cm: --

新緑の金山の池  

十二湖のずっと奥の方にある金山の池です。
IMG_2388mo.jpg
ほとんど人の来ない、とても静かな場所です。
昨年、森林セラピーに指定され、遊歩道や休憩所が整備されました。
それでも誰も来ない、静かな場所です。

IMG_2374mo.jpg

IMG_2448mo.jpg

category: 十二湖

tb: --   cm: --

艫作の農場から  

IMG_5701mo2.jpg


category: 艫作崎

tb: --   cm: --

茶臼山山頂から  

茶臼山山頂から、岩崎の海岸線を見る。水平線は霞んで見えません。
IMG_2196mo.jpg

向白神岳(左)と白神岳(右)
IMG_2192mo.jpg

岩木山
IMG_2177mo.jpg


IMG_2183mo.jpg

IMG_6071mo.jpg

category: 青森の山

tb: --   cm: --

芽吹き  

茶臼山中腹のブナの若葉。
IMG_2050mo.jpg

今まさに芽吹きの最中
IMG_6121mo.jpg


IMG_6123mo.jpg

こちらはクルミの木でしょうか。
IMG_6126mo.jpg

バンザイしているような新芽たち
IMG_6135mo.jpg

IMG_2104mo.jpg

IMG_2047mo.jpg


山頂近くでは芽吹きはまだです。茶臼山から吾妻峰を見る。
遠くに、艫作の農場と風力発電が見えます。
IMG_2151mo.jpg

根開き
IMG_2156mo.jpg

山頂付近の芽吹きはもうちょっと先です。



IMG_6115mo.jpg


category: 青森の山

tb: --   cm: --