Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

冬の奥十二湖(4)  

鶏頭場の池から崩山。
この池の奥に青池があります。青池からの帰りは、鶏頭場の池の上を最短距離で直線状に歩いてきました。


雪を付けた大崩の岩肌。断崖絶壁のイメージがありますが、こうして見ると45°ぐらいの傾斜に見えます。
IMG_0131m.jpg

青池側からみた鶏頭場の池。水と氷の境界。
湧水からなる青池の水が流れ込むため、水口部分は凍結しません。
IMG_0216m.jpg

途中の散策路。踏み固められていて、スノーシューも必要ないくらいでした。
積雪は1mぐらいでしょうか。本来は目線の高さの看板が、膝下に見えていました。
IMG_0053m.jpg

雪だるま式。
IMG_0260m.jpg

王池でワカサギ釣りをする人たち。
IMG_0265m.jpg

冬の奥十二湖シリーズ〈END〉

スポンサーサイト

category: 十二湖

tb: 0   cm: 2

コメント

本当に凍る湖と凍らない湖があるのですね 同じ山の中で不思議です
湧水が多い所とそうでない場所があるのですかね
この湖で釣れたワカサギ天婦羅にしたら美味しいでしょうね

URL | tokumichi #-
2012/01/25 15:03 | edit

そうなんですよね。山奥に行くほど池が凍らないという不思議な現象。
湧水の水温は9℃ぐらいです。さわるとヌルくてびっくりします。
9℃の水が氷点下の外気にさらされて徐々に冷えて行くんでしょうね。

寒いときに、ホクホクのワカサギ天婦羅は最高ですヨ。

そういえば乳穂ヶ滝の氷柱があと数十センチでつながるようですね。
水量を抑えてやれば毎年つながるように思うのですが・・・。

URL | ちゅおりん #-
2012/01/25 19:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujita244.blog.fc2.com/tb.php/111-a49693b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)