Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

東のはじっこへ(1)  

青森県の西のはじっこから、本州の東のはじっこへ行ってみようと思います。
本州最北端の大間崎や、最南端の潮岬は有名ですが、本州最東端はあまり知られていないかもしれません。
日本海側から太平洋側へ抜ける道は峠越えの険しく長い道のりで、なかなか簡単に行ける場所ではありません。
昔、盛岡から区界高原を越えて宮古へ行ったときは、準備不足で大変な思いをしました。
まだコンビニとか携帯電話とか道の駅がない時代のことです。
今回は、少しでも楽なルートをと思い、なるべく高速道路を使って釜石へ抜けるルートを選択しました。
(このルート選択が、後で裏目に出るのですが・・・。)
4時間ほどで釜石到着。製鉄の町。

IMG_9049.jpg

駅前。「近代製鉄の父」の銅像。(後ろからすみません。)
IMG_9053.jpg

釜石駅。
IMG_9054.jpg

改札口。列車の便数は五能線より少ないですが、五能線の駅より賑やかな印象でした。
IMG_9059_20170404091107232.jpg

駅前橋上市場。現在は「橋の上」ではなく、移転して駅前の地上にあります。
朝からいい匂いがして引き込まれそうになりましたが、今日の目的地はまだ先なのでぐっとこらえました。
IMG_9051.jpg

かつて橋上市場があった橋。
IMG_9066.jpg

三陸鉄道の鉄橋。甲子川と対岸の製鉄所。
IMG_9070.jpg

街灯には鮭が泳いでいました。
IMG_9046_201704040911164f2.jpg

メインストリート。
IMG_9071.jpg

初めて訪れる釜石の町は、活気的で魅力的で、素通りするにはもったいなかったです。
釜石を後にし、東のはじっこを目指します。目の前には太平洋。
IMG_9072.jpg

スポンサーサイト

category: 三 陸

tb: --   cm: --