Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

東のはじっこへ(2)  

順調に釜石を経由して山田町へ。
あと20kmを残し国道45号から県道41号へ入ります。
あと20km

ここまで来たら着いたも同然、と気持ちも楽になり、
あと20kmだから20分程度で着くだろうと気楽に進みます。
ところが、カーナビに身を委ねて走っていると、いつのまにか漁港の中へ進入し、行き止まりに・・・。
引き返して県道へ戻ろうとしますが、県道がどれなのか良く分からない・・・。
ようやく県道を見つけ、いよいよ峠道に入りました。
すれ違いもままならないほどの狭道。
ハンドルに力が入る。
地図では分からなかった激しいアップダウン。
時速15〜20km前後で慎重に進みます。
1キロ進むのにしばらく時間がかかります。
おまけにヤマセの影響か、雪が降り始め、みるみるうちに道路が白くなる。

山田町から姉吉


ヘアピンカーブの連続で頭を揺らされ、
どこへ向かっているのか忘れてしまうほど時間が経ったころ、ようやく久しぶりの人里に着きました。
石浜という集落です。その後、すぐに千鶴という集落もあり、なにやら道路もスムーズに走れる雰囲気になってきました。
山田町から走ってきましたが、ここはもう山田町ではなく宮古市。
本州最東端への最寄りの駐車場、姉吉キャンプ場に着いたのは、山田町から1時間半後のことでした。
姉吉から宮古

海沿いに走って来たような気がしますが、ほとんど海は見えず、暗い杉林の中を延々と走っていました。
自分はいったいどんなところを走って来たんだろうとGoogle Earthで検証してみました。
明らかに宮古市側から入った方がアクセスが良いことが分かります。
スポンサーサイト

category: 三 陸

tb: --   cm: --