Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

舞茸2017  

今年初めてのきのこ狩りに行ってきました。
きのこは奥山からおがる(育つ)と言います。
いつも低山(このあたりでは出羽の山と言う。)からきのこを採っていますが、
9月末頃にならないと、低山のきのこはおがりません。
3年ほど前から、奥山を少しずつ覚え、舞茸のなる木も少し覚えました。
人知れず、育っては朽ちていくきのこもたくさんあるんだろうと思うともったいなく、
奥山のきのこも見つけてあげようという気持ちでいます。
ここ数年は、十和田や八幡平方面で熊が多く出没していますが、
白神山地はそうでもなさそうな気がしています。
念のため、鈴と鐘と獣除けの蚊取り線香をつけ、鉈を腰に下げて、警戒態勢で行ってきました。
私は山中で熊を見たことがありませんが、何度か唸られて退散したことはあります。
今回は、熊の気配も感じませんでした。
それよりも、たびたび、巨大なウシガエルに心臓が止まりそうになりました。

小さな株の舞茸を見つけました。直径20cmほどの半分ひからびたような舞茸でした。
8月末の低温と、9月に入ってからの高温で、舞茸も戸惑っているかもしれません。
IMG_6633.jpg

こちらはまだ出始めたばかりの小さな舞茸が2株。
IMG_6624.jpg


こちらは食べられないキノコ。
IMG_6629.jpg

運動不足の体で久しぶりに山歩きしたので、体がガタガタです。
来週あたりから、もっと舞茸が出てくるかもしれません。
スポンサーサイト

category: きのこ

tb: --   cm: --