Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

モクゲンジ  

この時期、国道101号線を走っていると、見慣れない黄色い花を咲かせた木に気づきます。
県境にほど近い木蓮寺地区にある、モクゲンジの林。
中国原産のこの木が、西暦1800年前後にはこの地にあったことが分かっています。

これから黄色い花を広げ、秋にはホオズキに似た実を樹上一面に実らせます。
別名、栴檀葉菩提樹(センダンバノボダイジュ)と言うようです。
また折を見て撮影したいと思っています。
弘前でもこの木の存在が確認されており、そちらは県の文化財に指定されています。
ちなみに木蓮寺地区にはモクレンの木は無いような気がします。

7月7日撮影。
IMG_7327mc.jpg

まだ蕾の状態。
IMG_7343mc

IMG_7342mc.jpg

IMG_7367mc.jpg

木陰から木蓮寺海岸が見える。
IMG_7376mc.jpg
7月17日の撮影です。だいぶ花が咲いていました。
IMG_8955mc.jpg

IMG_8962mc.jpg
スポンサーサイト

category: 県 境

tb: 0   cm: 2

コメント

味のある字

いまどき珍しい手書きの案内。味のある字で、思わずホコッとしてしまいました。
別名は、栴檀葉菩提樹(センダンバノボダイジュ)なんですね、千束菩提樹かと思い、薪にでもしようというのかと早合点していましたが、…。
結構かわいい花が咲くんですね。『昭和50年に発見されるまで~』とありますが、よほど奥まった場所にひっそりと自生していたのでしょうか?

URL | AzTak #xZCYq0Xc
2012/07/19 07:14 | edit

AzTakさんへ

青森県の西の南の端っこにあるため、注目されることがなかったものと思われます。
弘前にあるモクゲンジは1本でも県の文化財に指定されているのに、ここの数本のモクゲンジは
文化財に指定されていません。案内板も地元の手作りだと思います。
場所は国道沿いなので、車で走っていても目につきます。
地元の人は知っているのですが、インディアンと同じで、「発見」者は中央の人じゃないとダメみたいです。

URL | ちゅおりん #-
2012/07/19 07:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujita244.blog.fc2.com/tb.php/301-0bb34298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)