Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

下北へ2  

海峡ラインを走行中、突如姿を現した縫道石山です。
IMG_6558md.jpg
むつ湾フェリー「かもしか」船上から、平舘方面。灯台と新旧無線中継塔が見えます。
昔、連絡船に乗った際、あのコンクリートの無線中継塔がなんだか分からず、異様な物体に見えた記憶があります。
IMG_6316md.jpg

まもなく脇野沢港到着です。鯛島が大きく見えてきました。
IMG_6424md.jpg

いよいよ下北半島上陸です。イルカは見られませんでした。
IMG_6479md.jpg

さて、目的地の大間へ向かって急ぎます。脇野沢から陸路国道338号線「海峡ライン」を行きます。
「海峡ライン」ということで、海岸沿いの快適ドライブをイメージしていたのですが、
いきなりヘアピンカーブの連続で、ひたすら山に上ります。海へ行くつもりが山へ来てしまい、
どこかおかしい?間違っちゃった?この道でいいの?って感じです。
マグロを食べに行くのは大変なことです。
IMG_6512md.jpg

最も高い地点で標高500mを超えていました。
青森ヒバの原生林。
IMG_6513md.jpg

こんなに見事なヒバの森がまだ残っているんですね。
IMG_6516md.jpg

ヒバの木は耐久性が強いためか、枯れてなお立っている木がたくさんありました。
P9080066md.jpg

ブナとヒバの混合林。
IMG_6518md.jpg

仏ヶ浦。
IMG_6545md.jpg

IMG_6538md.jpg

IMG_6550md.jpg

IMG_6552md.jpg

函館行のフェリーが見えました。こんな険しい峠道を走る時間があったら、函館まで行けちゃいますね。
でもマグロを食べるためです。がんばります。
IMG_6555md.jpg

縫道石山
IMG_6568md.jpg

ようやく山道の終わりが見えてきました。
IMG_6811md.jpg

願掛岩
IMG_6627md.jpg

IMG_6632md.jpg

大間到着です。80km。2時間。ずいぶん走りました。運転が嫌になるほど。
IMG_6747md.jpg

本州最北端のゴメ
IMG_6804md.jpg

函館山
IMG_6703md.jpg

恵山
IMG_6800md.jpg
スポンサーサイト

category: 下北半島

tb: 0   cm: 6

コメント

私もこの道走ったことがありますが、大変な道です。フェリーに乗るまでも長い道のりなのに
降りてから、又この道では、大変だったでしょう。ちゅおりんさんのブログは詳しく道順に載せて
くれているので、こんな所もあったなーと思い出しながら拝見させて頂いております。もう一度
行ってみたくなりました。

URL | tokumichi #-
2012/09/10 07:19 | edit

むつ上陸、おめでとうございます!!
私も何度かむつに遊びに行ってますが、確かに脇野沢から仏ヶ裏からの~大間までは、凄い山道のヘアピンカーブが続きますね。
山の上からの景色は天空のなんとかみたいで最高なんですが、運転は結構疲れますよね。
むつ市内方面から大間へ向かうならば割と楽ですが、それでも距離は長いですね。
願掛け岩の辺りも綺麗な海を眺められたんじゃないでしょうか?
途中の小さい村とか・・・佐井村とか、よくこんな何もない所に住めるな・・・って思いましたよ~!
猿は現れなかったですか?
この後の展開を楽しみにしてます☆

URL | ピーナッツ #-
2012/09/10 13:21 | edit

tokumichiさんへ

脇野沢から大間まで、1時間半ぐらいと思っていたのですが、
2時間たっぷりかかりました。竜泊ラインと雰囲気が似ているのではないでしょうか。
よくもまああんなところに道路をつくったものだと感心します。
冬季はもちろん、夜間も通行止めになるんですね。
険しい山岳道路です。冬のことを想像すると怖くなりますね。
サルやクマは見かけませんでした。

URL | ちゅおりん #-
2012/09/10 22:14 | edit

ピーナッツさんへ

ありがとうございます。
Pナッツさんのブログを何度も見て予習しました。
そうですね。途中右を見ても海、左を見ても海という地点があって、
天空を飛んでいるような気分でした。
人里が恋しくなるほどなんにもない区間が長すぎて、深い谷の先の海辺に、
ひっそりと集落が見えたときは安心しました。
あの辺の人は、陸路よりも船で移動した方が早いですよね。
宅急便も船で配達してるんじゃないかと思ったほどです。

願掛岩のあたりも急いでいたのであまり写真を撮れませんでしたが、
青池みたいな青い海でしたよ。
Pナッツさんのブログでサルが登場していたので私も期待していたのですが、
現れませんでした。
今度行くときは船で巡りたいと思いました。

URL | ちゅおりん #-
2012/09/10 22:21 | edit

海はキレイだし空は青いし。。おいしいものもある!
ずいぶんイメージ崩れました!
下北半島ってねずみ色のイメージだったんです。。
本州の北端で昔は青函連絡船があって、そこから海に飛び込むヒトがたくさんいて…恐山はあって…いつも雨模様と。。
小さい頃は東京にいたのですが、まだ小学校に入るか入らないかの頃から親の影響でNHKの「新日本紀行」を夢中になって見ていましてね。その映像が当時は白黒だったからかな^^;
漁師さんや農家の見たことのない暮らしぶりにわくわくしてたんですよ。。
ばばあになった今でもその感覚は変わりません( ^艸^)ムププ

URL | たそがれちえぞー #oM6tt0T6
2012/09/13 02:02 | edit

ちえぞーさんへ

イメージ崩れましたか?(笑)
今も昔も、海辺の漁村というのはある意味豊かすよ。
冬は想像するだけで嫌になりますが。
海岸から切立った山が続くなか、わずかに開けた沢の河口ごとに、小さな集落があります。
集落から集落へは昔は船で移動するより方法が無かったと思います。
今、陸路でも隣の集落へ行くにはひと山越えて行かなければなりません。
田舎に暮らしている私から見ても、津軽半島や下北半島の風土にはわくわくします。

URL | ちゅおりん #-
2012/09/13 08:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujita244.blog.fc2.com/tb.php/370-1a0ddbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)