Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

秋の太夫峰1  

IMG_7987md.jpg
右下の白い木はダケカンバだと思います。枯れてなお美しい。
真っ白な枝が異彩を放っていました。
(白神山地太夫峰にて)
スポンサーサイト

category: 太夫峰

tb: 0   cm: 2

コメント

白骨のような枝

韓国でも見かけるんですよ。
白樺?!なんだろうと思ってました。
雑木林の中でひときわ白く目立つ白骨のような枝ですよね。
ダケカンバというんですか…

URL | たそがれちえぞー #oM6tt0T6
2012/09/18 14:04 | edit

ちえぞーさんへ

木も厳しい環境に曝されるとこんな風になってしまうんでしょうね。
標高1000mの森林限界付近では、木々が生と死の狭間のギリギリのところで生きています。
このあたりでは白樺はほとんどみられず、ぐにゃぐにゃの樹形のダケカンバが主です。

URL | ちゅおりん #-
2012/09/18 22:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujita244.blog.fc2.com/tb.php/377-30021c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)