Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

鳥取!?10  

鳥取シリーズ、最終回です。
鳥取城址内に立つ洋館、仁風閣。国指定重要文化財です。

IMG_4193me.jpg


明治40年5月建築。大正天皇(当時皇太子)行啓の宿舎としてつくられたようです。
雨がレンズに付いてしまいました。

設計は片山東熊。東大建築1期生で、一番デザインが上手かったと言われている。
他に迎賓館や京都国立博物館を設計。
ちなみに同期の主席は辰野金吾。日銀本店や東京駅を設計。
「仁風閣」は、かのイケメン司令官、東郷平八郎の命名だそうです。
直筆の書が飾られていました。
IMG_4237me.jpg

御食堂
IMG_4234me.jpg

御座所
IMG_4239me.jpg

謁見所
IMG_4268me.jpg

謁見所のマントルピース
IMG_4262me.jpg

御寝室。そうですか、やっぱり、畳ですか。
IMG_4233me.jpg

御厠
砂を入れて使っていたようです。
IMG_4236me.jpg
すみません。レンズが雨で・・・。

バルコニー。窓外に鳥取県庁が見えます。
IMG_4246me.jpg

IMG_4252me.jpg

IMG_4226me.jpg

るろうに剣心?。ロケ地として使われたようです。
IMG_4228me.jpg

この写真、すごい迫力でした。
IMG_4279me.jpg

散り残る桜の葉。春は桜が綺麗だそうです。
IMG_4319me.jpg
鳥取シリーズ<完>。
スポンサーサイト

category: 昔の写真

tb: 0   cm: 4

コメント

素晴らしい重厚な佇まいですね。往時はもてなす方ももてなされる方も、共に緊張の極地状態にあったのかもしれません。その当時の様子を覗いてみたいものです。

URL | AzTak #xZCYq0Xc
2012/12/03 08:09 | edit

仁風閣

素晴らしいと眺めていたら突如の洋間の畳敷き、まして暖炉。

そいて、木製の螺旋階段、これぞジャパニーズ・テイス。

それにしても、ちゅおりんさん、風景だけでなく室内撮影をうまいです^^

URL | 犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk
2012/12/03 15:40 | edit

AzTakさんへ

いい雰囲気というか、風格が漂っていました。
しかし、行啓に合わせてわずか9か月で建てられたそうです。
建設に携わった方々は相当苦労なさったと思われます。
当時の緊張感、そうですね。
日清、日露と躍進を続け、東郷さんは天皇を凌ぐほど権力を得ていた頃ですね。
今の時代にも少し緊張感があった方が日本のためには良いかもしれません。

URL | ちゅおりん #-
2012/12/03 22:53 | edit

にゃん太郎さんへ

日本人は、外来のものにすぐ飛びつきますが、
家の中で靴を脱ぐ習慣だけはいまだに残していますね。
これが日本人のしぶとさなのでしょうか。
しかもこの建物、木造なんですよ。
石造風でもレンガ風でも、なんでも木造で造ってしまう日本人が誇る技術です。

URL | ちゅおりん #-
2012/12/03 22:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujita244.blog.fc2.com/tb.php/457-31bee154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)