Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

初めての白神岳登山(下山編)  

山頂でおにぎり2コを食べました。
普段は小食なのですが、このときはおにぎり2コでは物足りず、早く家に帰りたい気持ちに。
カメラのメモリーもいっぱいになってしまい、本当に、何か早く帰らなければ、、、という気持ちになっていました。
ということで、下山します。
帰りはほとんど携帯画像です。
110605_141040ma.jpg

12:16 下山開始。
稜線を北側へ向かいます。
IMG_6830sa1216.jpg

日本海の方向を見る。結局、雲は晴れず、日本海を望むことはできませんでした。
IMG_6838sa1220.jpg

向白神岳。
IMG_6845sa1225.jpg

春もみじ。
IMG_6851sa1237.jpg

再び日本海の方向。右側の尾根が、これから進むマテ山方面。
IMG_6862sa1302.jpg

13:05 急登を一気に下り切ります。
IMG_6866sa1305.jpg

13:19 下りるのは本当にあっというまです。
110605_131947sa.jpg

110605_132224sa.jpg

13:47 28分で1km進みました。ハイペース。
110605_134704sa.jpg

110605_135159sa.jpg

110605_135553sa.jpg

14:00 858m三角点。
110605_140056sa.jpg

110605_140401sa.jpg

14:05
110605_140526sa.jpg

14:07 ここから急坂を下ります。ロープを伝って。ロープと手袋が擦れて焦げそうな感じ。
110605_140716sa.jpg

110605_141601sa.jpg

110605_141657sa.jpg

14:17
110605_141751sa.jpg

14:37 だいぶ膝がガクガクしてきたようです。ペースダウン。
110605_143748sa.jpg

14:38 最後の水場。急坂を下り終え、気分的にはあとちょっとという感じでしたが、ここからが異常に長く感じられました。
110605_143814sa.jpg

14:59
110605_145950sa.jpg

15:06 木の階段。
110605_150648sa.jpg

15:23 二股分岐。あとちょっと。
110605_152330sa.jpg

110605_152317sa.jpg

15:29 あと1km。もう泣きそうになっていました。早く帰りたい。
110605_152953sa.jpg

15:33 冬山分岐。ここから先は、記憶がないぐらい、へろへろになりながら足を投げ出すように歩いていました。写真も撮っていませんでした。
110605_153304sa.jpg

15:52 往路では気が付かなかったブナの大木を発見。こんなに大きなブナの木に気が付かなかった自分が不思議でした。
IMG_6874sa1552.jpg

16:03 記帳所にて「無事下山」の記帳をし、駐車場まで歩きます。
110605_160352sa.jpg

16:06 駐車場到着。里の風景がなつかしく、温かく感じました。
110605_160636sa.jpg

登り:4時間23分
下り:3時間50分
合計:8時間13分

ガイドブックには、登り4時間半、下り3時間半と記載されています。

ほぼ標準的な人だったでしょうか。ごくごく平凡な人間なので。

それにしても、後半、だいぶバテました。
この後、数日間は、病人のように過ごしました。

初めての白神岳登山、完。

白神山地は、今年、世界遺産登録20周年を迎えます。

本日も、ご訪問ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 白神岳

tb: 0   cm: 6

コメント

白神岳登頂ご苦労さまです。切り立った絶壁が続くような山と違って、それなりに楽しんで登ることができたのではないかと推察します。たとえ、それほど高い山でなくても、制覇したという満足感は何ものにも代えがたい貴重なものでしょう。本当に良かったですね。

URL | AzTak #xZCYq0Xc
2013/04/30 09:06 | edit

お疲れ様でした。

とても楽しませて頂きました。
若葉が美しいですねぇ。画像でこんなにキレイなんだから実際の目で見たらどんなんでしょう。

ブナが好きだから白神山地のブナ林を少し歩いた事あるのですが、ツアーで行ったので時間が少なく物足りなかったのを覚えています。

足に自信ないけどいいですねぇ。

URL | mu.choro狸 #-
2013/04/30 12:22 | edit

ちゅおりんさん、こんばんは。
人はなぜ山に登るのでしょうか?
そこに山があるから??
じゃなく、それは山に登った人にしか分からない何かがあるからなのでしょうね。
体力も気力もない私には、実は山に登れる人がチョット羨ましいのです。
ちゅおりんさんは、この初めての登山以降何度か白神岳には登られているのでしょうね^^

URL | さくら #NEnEAM1c
2013/04/30 22:50 | edit

AzTakさんへ

AzTakさんへ。
私、絶壁が続く山は未だ登ったことがありません(汗)。
1000m級低山登山専門なので(笑)。
1人登山でも、自分の中では勝手にいろんなドラマがあるもので、なんとも言えない満足感を感じます。
私はまだ白神以外では岩木山と八甲田しか知らないんですが、白神岳は登山の過程に何かドラマを感じます。
海抜0mからの登山というのがそう感じさせるのかもしれません。

URL | ちゅおりん #-
2013/05/01 06:51 | edit

mu.choro狸さんへ

mu.choro狸さんへ
コメントをいただき、ありがとうございます。
『勝手気ままに楽しんで・・・Ⅱ』をいつも楽しく拝見しております。
初めての白神登山、楽しんでいただけて嬉しいです。
初めての登山でしたので、いろいろ知らないことや足りないことが多く、
今から考えると、嬉し恥ずかしの未熟な登山でした。
下山編は携帯写メですし(汗)。
白神山地にいらしたことがあるんですね。
高い山がなくて奥が深いので、ふところに入り込む感じでゆっくり歩かれると、
また違った魅力を感じることができるかもしれません。

URL | ちゅおりん #-
2013/05/01 07:02 | edit

さくらさんへ

さくらさんへ。
さくらさん、すっかりご無沙汰しちゃってました(汗)。
やっと桜が咲きましたね。
さくらさんのブログで、弘前のさくらの状況をチェックさせていただいております(笑)。
ん?人はなぜ山に登るか?。
私の場合、上からの景色を眺めたいからです(単純)。
普段は見ることのできない岩木山が近く見えるんですよ。
タケコプターかヘリコプターで空を飛べたら、登山しなくて済むんですけどね。
でも、登山やカメラを始めるようになって、道中の木々や草花にも反応してしまうようになった気がします。
頂上に至るまで長い時間を自然の中に身を置くことで、短時間では感じられなかったことも
半ば強制的に感じされられてしまうというか・・・。
1年に2回ずつ、過去5回登りました。生きてるうちに100回ぐらい登れたらなと思っています。


URL | ちゅおりん #-
2013/05/01 07:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujita244.blog.fc2.com/tb.php/614-477f3da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)