Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

森山トンネル@五能線  

五能線シリーズ、始めました。
(※撮影時期はランダムです。)

シリーズその1
「森山トンネル」
五能線が海側を、旧国道101号が山側を走っています。
トンネルは、岩盤部を選んで穿たれている箇所が多いです。
当時はまだ防水技術が進んでいなかったためではないかと勝手に推測しています。
この区間は1932年(昭和7年)開通。

IMG_4765.jpg

遠景。トンネル上部の岩山は、茶右衛門館(ちゃえもんだて)と呼ばれ、戦国時代と江戸時代の2度、居城として使われています。
IMG_4413.jpg

トンネル部分をズームイン。運よくリゾートしらかみ「橅(ぶな)」号が通過。
IMG_7684.jpg



失恋しなくても、また乗ろう!

車窓からの風景
トンネルの南側
森山トンネル南


トンネルの北側
森山トンネル北

「五能線の旅」ポスターをUPしておきます。駅で撮ったものです。
五能線の旅トリミング

スポンサーサイト

category: 五能線

コメント

__(´-ω-`)。o0( ……… )___

■素晴しいっ!

・こっ、この人は、一体・・・・・・・・。

 ___Σ(-`ω´-;)。o0(オオォォォォォォォー…!)___

■「画像」は”素朴”でありながらも、ソコからは「撮影者」の未だ”発揮”されていない
 
 うちに”秘めた”恐ろしく高い『ポテンシャル(存在能力)』をも何処か匂わせている。

・またフレーム内に収められた、情景を”描写(心に感じたことなど)”する「アングル」と、

 天性とも思わせる”安定”したその「画像(フレーム内の)」構成。

・けして無理もなく…、

 それでいて一言の形容詞では表せないその『才能(表現力)』には”抜群”のセンス(個性)を感じる。

 __(´-ω-`)。o0(ゥン~、その”才能”に嫉妬する!)___

※静かでいて”躍動感”も感じる「車窓からの風景/トンネルの南側」の画像…良いですネ!

 ……この”時を止めた僅かな抵抗(シャッターチャンス)”に、

       時空を超えた感動が”共鳴して(伝わって)”気を失いそうだ………

          グッジョブ!

■『VENUS28』ブログ管理人より __、.,φ(´・ω・`)・・・。  < E N D >

URL | VENUS28 #-
2011/12/08 03:11 | edit

リゾートしらかみ「橅(ぶな)」号が通過した画像、なんだかおもちゃみたいv-398
なんていうんでしたっけ?こういうの。。。
ジオラマ?

JRのCM。。。
このバージョンは、TVで見たことがなかったので、新鮮でした!

URL | たむたむ #.HLxgyF6
2011/12/08 08:41 | edit

管理人さまへ

おはようございます。毎回素敵なコメントをありがとうございます。
豊富な語彙と、身振り手振りを交えた感情表現には脱帽します。
管理人さまのコメントを読んでから私のブログを見ると、わずかに(?だいぶ・・・)ブログの方が負けてしまってますので、もう少し抑えていただいた方が良いかもしれません(´-ω-`;)ゞ。
『VENUS28』ブログと同じような語り口で弊ブログにコメントをいただけることに大変幸せを感じてます。
今回の「五能線シリーズその1」は、『VENUS28』ブログに多くを学んで(パクリ)作ってみました。

※徐々に顔文字を駆使して身振り手振りもできるように交えていければと考えてます。(←ムリ)

URL | ちゅおりん #-
2011/12/08 09:25 | edit

たむたむさんへ

おはようございます。
ジオラマ風に撮ったつもりはなかったのですが(汗)
カメラのせいにしておきます。
あ、背景の岩山が模型っぽく見えるかもしれませんね。
あっ、あと夕方だったので太陽が真横から照っていて、影が下に落ちてないので、不自然な画像になっちゃったかも・・・。

JRのCMはこちらで放映されてないものも多いように思います。
「失恋したら、また乗ろう!」だと、五能線が大変なことになってしまいますので、
「失恋しなくても、また乗ろう!」でいきたいと思います。

URL | ちゅおりん #-
2011/12/08 09:38 | edit

撮り鉄さんには有名なトンネルですね
プロアマ問わず、憧れのトンネルみたいです 
鉄道は撮ったことはありませんが、一度挑戦してみたい気がします

URL | tokumichi #-
2011/12/08 14:58 | edit

tokumichiさんへ

こんばんは。
撮り鉄定番スポットですね。
私は夕日が沈むのは待てるのですが、列車を待つことはできない性格のようです。
以前、「怒涛の波の向こうの五能線」写真を撮ろうと、
吹雪の中三脚を立てて待っていたことがあったのですが、
列車が遅れたようで、5分待って諦めました。
風のせいで列車の音も全く聞こえない状況だったので、
視覚だけを頼りにファインダーを覗いたままの5分は辛かったです。
どちらかといえば「撮り鉄」よりも「乗り鉄」の方が気楽で好きですね。
津鉄も魅力的ですよね。ストーブ列車って今でもあるのでしょうか?

URL | ちゅおりん #-
2011/12/08 22:35 | edit

おはようございます。

乗ったことはありませんが、
ストーブ列車!
走っていますよ~!
ニュースでやっていました。
熱燗と、スルメ!v-398
タイムスリップしたようだと、
都会からの観光客様に
人気のようです。

URL | たむたむ #.HLxgyF6
2011/12/09 09:30 | edit

たむたむさんへ

ストーブ列車、ニュースでやってましたか。
見逃してました。
熱燗とスルメ、いいですねぇ。
「お酒を飲みたくなったら、津鉄に乗ろう!」
もいいですね。

URL | ちゅおりん #-
2011/12/09 14:04 | edit

このトンネル、長いのと短いのがありますが、短い方は現在営業で使われてるトンネルとしては日本で一番短いのだそうです。
ちなみに、五能線の開通にこのエリアが一番最後の工事現場だったそうです。難所ということもあったのでしょうが最大の原因が地権者がゴネタとか。
当時は機関車の吐き出す煙が病気をもたらすとか、煙に混じって出る火の粉で沿線で火事があるとかあまり歓迎しない人々も多かったそうです。

URL | shichinohe_ta #-
2012/01/26 11:55 | edit

shichinohe_taさん。
地元の人でも知らないようなコアな裏話、ありがとうございます。
短すぎるトンネルだとは思っていましたが、日本で一番短いとは知りませんでした。
shichinohe_taさんはもっと色々なことを知ってそうですねぇ。ぜひ教えて下さい。
ちなみに、五能線の最後の開通は、不老ふ死温泉に下りて行くところ(艫作の灯台のあたり)
に記念碑が立っているので、そのあたりが一番最後だと思ってました。
「最後の工事現場」と「開通」にズレがあるかもしれませんね。
この辺(黄金崎周辺)はまだBlogにしていませんので、そのうち撮影&UPしたいと思っています。

URL | ちゅおりん #-
2012/01/26 18:59 | edit

つたない話で恐縮です。『「最後の工事現場」と「開通」にズレ』、年寄りから昔聞いた事なのでそれこそズレがあるのかもしれません。
ところで、明治生まれの人は能代のことを『はたおり』と言ったりしますが理由とか解りますでしょうか。もしご存知でしたら教えてください。

URL | shichinohe_ta #-
2012/01/26 21:10 | edit

当時は戦中の厳しい時代だったにもかかわらず、あのような難所を次々と開通させていったエネルギーには
感動すらおぼえますよね。廃止が叫ばれた時代もありましたが、いつまでも残ってほしいものです。
東能代駅は、「能代駅」→「機織駅」→「東能代駅」と名前を変えてますよね。
昔の人が「はたおり」と言うのはその名残りではないでしょうか。
駅の住所が「能代市機織」になっていると思います。
八森駅を椿と言ったり、白神岳登山口駅を黒崎と言ったり。
ちなみに「機織」の近くには「養蚕」という地名もあります。
これからも、興味深いお話を頂戴できることをお待ちしております。
地元取材はこちらでいたしますので!(^-^ゝ。

URL | ちゅおりん #-
2012/01/27 08:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujita244.blog.fc2.com/tb.php/67-edcb4580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)