Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

ブルーウェーブ  

県境の秋の波です。
IMG_1932mh.jpg
海の青さと波の白さは、空の青さと雪の白さに似ています。

私のブログを、ことあるごとに「無愛想なブログ」だとおっしゃる方がいまして、
そんなことないんだよとご理解いただくべく、最近、無愛想脱却キャンペーン実施中です。
なるべく写真だけじゃなく、文字を駆使する方向で。

ブルーウェーブについて。

オリックスブルーウェーブの由来となった「青い波」は、どんな波だったのでしょう。

日本海の端っこのこんな波じゃなく、瀬戸内海の真ん中の穏やかな波でしょうか。

ブルーウェーブと言えば、イチロー選手の若かりし頃、彼の振り子打法をワクワクしながら観ていました。
シアトルマリナーズに渡ってからは、さらにワクワクしながら観ていました。
mlb.comさんには、仕事中にもかかわらず、だいぶお世話になったような気がします(汗)。

英語が全くダメな私でしたが、mlb.comのお陰で、少しだけ英語を勉強させていただいたような気もします。

そういえば、今年の春、八甲田へ行った際、誰も居ないロープウェー山頂駅の食堂では、
テレビの音だけが響いていて、MLBの試合が放送されていました。
ちょっと前の私だったら、八甲田どころじゃなく、テレビの中のイチローや松井にかじりついていたと思いますが、
このときは、見るでもなくテレビの近くの席に座り、コーヒーを飲んだのを覚えています。
おしるこを食べたのも覚えています。
IMG_1939mh.jpg

今ではmlb.comを開くことも無くなりました。
松井選手も引退したし、イチロー選手も衰えを隠せない状況になってきたようです。
私は何をしたわけでもありませんが、彼らと同じ時代に生きられたことをとても幸せに思います。
一時期、松井選手の引退や、イチロー選手の成績不振を受け入れたくない自分がいましたが、
最近は彼らの気持ちを少しは理解できるようになってきたように思います。

いつかまた、あの頃のようなワクワク感を感じる日は来るでしょうか。
イチローと松井がコンビを組んでコントとかやったら、ワクワクするかもしれません(笑)。
一度、新春対談だったか、1時間ぐらい二人だけで対談したことがありましたが、結構笑えました。

松井がボケでイチローがツッコミでした。

あ、今日は何か野球の話になっちゃいました。

営業マンが営業先でしてはいけない三大禁句は、野球と政治と宗教でしたっけ。
私は営業マンじゃないので関係ないですね。
というか今はそんな時代じゃないですね。

いつも目を充血させてPCに向かってテンパって仕事をしている私に、
不自然なぐらい大袈裟な笑顔を見せてくれる営業マンがうちの会社に来るのですが、
確かに野球と政治と宗教の話はしませんね。
というか、営業で野球と政治と宗教の話をする営業マンてどんな営業なんでしょうか。

試しに野球の話をしたらどうなるでしょうか。
もっと大袈裟に笑ってくれるでしょうか。
それとも笑顔が消えたりして(苦笑)。
あ、私が営業マンに営業する必要はないですね。

・・・。

何の話でしたっけ?
野球の話でしたね。
子供の頃は、鮮烈デビューの原選手や、甲子園の桑田清原を夢中で追いかけていたような気がします。
いつの間にか皆引退し、今年は前田選手とか宮本選手とか、同世代の名選手たちが続々と引退していきます。私もそろそろ引退でしょうか(何を?)。
私より年上で頑張っているのは山本昌選手ぐらいでしょうか。
(ところで「山本昌(ヤマモトマサ)」って、いつも「山本昌」って呼ばれてますが、本名は山本昌宏なんですよね。なんか、中途半端な略し方だと思いませんか。そこまで言ったら、「ヒロ」付で最後まで言ってあげたら?といつも思いますが、もう30年。彼はすっかり「ヤマモトマサ」ですね。)
IMG_1916mh.jpg

そんな感じで、来シーズンは、奇跡の40代現役、山本昌に注目していきたいと思います。

あ、その前に、東北楽天ゴールデンイーグルス(←長い)、リーグ優勝おめでとうございます。
東北復興に勇気を与えてくれますね。
(田中将大選手が「タナカマサ」と呼ばれることはありません。)
私は巨人ファンですが、この際、巨人を倒して日本一になって欲しいものです。

東北の本格的な復興はこれからですね。
スポンサーサイト

category: 県 境

tb: --   cm: --