Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

水彩画のように  

カラープリンタが出始めの頃、水彩画のような微妙な色は、なかなかうまく印刷されず、
苦労した覚えがあります。
A1カラーコピーが1枚4000円程した時代です。

IMG_7467mi2.jpg


これまで、建築現場で色を決める際には、日本塗料工業会(日塗工)塗料用標準色を使用することが多かったのですが、
最近では、DIC 日本の伝統色から選ぶことも多くなりました。
日塗工でも結局似たような色を選ぶことはできるのですが、日本の伝統色には名前がついているので、
情緒的でイメージがつかみやすいですね。

写真は米代川です。
対岸の柳の木々が水彩画のようでした。
日本の伝統色にも、「柳葉色」という色がありますね。

先日、ラジオを聴いていたら、「クーピー」という懐かしい言葉が耳に入りました。
私は12色のしか持っていませんでしたが、クーピー60色、、、欲しかったです。
Amazonで検索したら、3054円でした。
スポンサーサイト

category: 能 代

tb: --   cm: --