Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

金山の池  

日曜午後の金山の池です。


崩山の崩落は砂利状になって金山の池にまで達します。
ときどき、カラカラと小石が転げ落ちる音が聞こえていました。
IMG_6750mk.jpg
水位がいつもより50cmほど低かったので、湖畔まで下りてみました。





湖底にポコポコと穴が開いています。なぜでしょう。
IMG_6761mk.jpg


風が強く、湖面が静まることはありませんでした。
IMG_6752mk.jpg

吹く風に、葉が舞い落ちます。
IMG_6755mk.jpg

振り返ると崩山。あそこから、ここまで崩れた小石が転がってくるんですね。
崩落部は草が生えないため、筋状の砂利道のように見えます。
IMG_6776mk.jpg

IMG_6796mk.jpg

直下で見上げるよりも、少し離れてみたほうが、山が屹立して見えます。
IMG_6806mk.jpg

IMG_6810mk.jpg

IMG_6812mk.jpg

IMG_6815mk.jpg

上ばかり写してないで湖面の映り込みも。
風が無ければ、鏡面になったと思うのですが。
IMG_6823mk.jpg

金山の池周辺は、カツラの木が多く、甘い香りが漂っていました。
IMG_6827mk.jpg

追加です。

崩山の崩落の筋が分かる空中写真です。
(国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスより)
名称未設定-1


1975年の写真です。
崩山空撮拡大

こちらは現在の写真(Yahoo地図より。)
崩山空撮現在

カラカラと転がり落ちる石の音は、遠くから聞こえていました。
金山の池畔まで辿り着く小石は、大雨のときなどに少しずつ寄せられているように思います。
金山の池底のポツポツした穴は、この砂利の筋を流れてくる伏流水が湧き出ている穴か、
そうでなければ、冬に氷に閉ざされた際にできたもののように思います。

スポンサーサイト

category: 十二湖

tb: --   cm: --