Aomori Southwest Edge

青森県の西の南のはじっこから

霧雨の白地山登山1  

天気予報は晴れでしたが、登山口に着くと霧雨でした。
IMG_3456mo.jpg
雪の重みから解放されようとするブナの木です。
こういう状態の木が、突然起き上がることがあります。
びっくりします。
-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

十和田神社  

十和田湖では、どういうわけかカメラの設定がモノクロになっていました。
景色自体が、モノクロ風だったこともあり、気づかずにそのまま写していました。
幸いRAWで撮っていたので、他の写真はカラーに復元できましたが、
建物はいつもRAW無しで撮るので、モノクロのままです。
IMG_2563mm_20150227200435817.jpg
偶然のことでしたが、余計な色が入ってなくてこれもまたいいかなと思いました。

-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

発荷峠から  

和井内からテカテカの凍結坂道をスリップしながら上り、ようやく発荷峠まで来ました。
車を止めようと思いましたが駐車場は除雪されていません。
途中で除雪車を追い越して来たことを後悔しました。
どこか止められる所はないかと進んで行くと、樹海ライン分岐点で綺麗に除雪された路側帯がありました。
そこに車を止め、発荷峠までてくてく歩きます。
路面は歩くのもままならないほどテカテカに凍っていました。

吹雪だったので、眺望はあまり期待していませんでしたが、発荷峠に着くと雲は高いところまで上ってくれていました。
風も弱まった感じです。車の往来はほとんどなく、すれちがう車はゼロ。
発荷峠にいた30分ほどの間に、十和田湖から鹿角方面へ向かう車が3台ほど通った程度でした。
樹海ラインは除雪が間に合わず、一時的に通行止めになっていたようでした。

遠くに十和田山から戸来岳へ続く山脈が見えました。
IMG_2711mm.jpg

-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

十和田湖畔散歩(2)  

和井内から、瞰湖台方面を見る。
真ん中あたりのおでこのような出っ張りが瞰湖台で、その右の低い出っ張りが旧瞰湖台でしょうか。
IMG_2628mm.jpg

-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

十和田湖畔散歩(1)  

IMG_0829mm.jpg
-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

冬の十和田湖  

十和田湖に行ってきました。
IMG_2608mm.jpg
本当は、無謀にも八甲田へ登るつもりでした。
天気予報では、さかんに「北日本荒れ模様」のニュースをやっていましたが、
青森県西海岸地方は、風は強いものの青空ののぞく穏やかな天気でした。
視界も悪くなく、白神の山々はしっかり見えていました。
アメダスでは、酸ヶ湯の積雪が370cm程度でほとんど変わっていなかったので、
意外と、行ってみたら筋状の雲の隙間から陽が差したりするかも?
という期待を抱きながら。


-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

松見の滝  

着きました。

IMG_7273mk_20141029114227b47.jpg

誰もいません。

IMG_7271mk.jpg

独り占めです。

もうちょっと左に寄った方が右上の赤が入るかな、とか
IMG_7236mk.jpg

怖いぐらい、秘境感たっぷりです。

やっぱり滝は縦写真でしょう、とか
IMG_7267mk.jpg

怖いぐらい山奥まで来た気分でしたが、携帯電話は電波がありました。

IMG_7268mk.jpg
※トリミング画像です。

あんでもねぇこんでもねぇとたくさん写真を撮っていたら、2時間も経っていました。

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

黄瀬川  

南八甲田、奥入瀬川支流の黄瀬川(おうせがわ)です。
「おいらせ」を「ら」抜きにしたような読みです。
IMG_7422_20141029085557708.jpg

冷え込むことを予想して完全装備で来ましたが、気温は9℃。
出発してしばらくすると汗ばんできたので、上着を脱いで進みます。
-- 続きを読む --

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

夜明けの御鼻部山  

寄り道です。
渋滞に巻き込まれないように、早朝暗いうちにに出発しました。
ちょうど御鼻部山のあたりで、空がうっすらと明るくなってきました。
オリオン座が見える♪。
IMG_7047mk.jpg

展望台には、夜明けを待ち構えるカメラマンが4〜5名いました。
岩手山と八幡平がはっきりと見えました。
IMG_7064mk.jpg

八幡平の奥に見えるのは秋田駒ヶ岳かもしれません。
IMG_7065mk.jpg

その東側、奥の山は早池峰山かもしれません。
手前は御倉半島。写真を見て気付いたのですが、御倉半島北側の御門石が見えていました。
IMG_7058mk_20141028162128800.jpg


雄大でした。
IMG_7071mk.jpg

御鼻部山から下りる道の途中で、朝日が昇りました。
IMG_7074mk.jpg


目的地へ向かいます。
IMG_7077mk.jpg


category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --

八幡平5  

新緑の峰走りです。
峰走りのスピードは、一日10mと言われることもありますが、
一ヶ月で1000mほど進みますので、一日あたり30mのペースで駆け上がる計算です。

IMG_8686mj.jpg

IMG_8701mj.jpg

IMG_8697mj.jpg

IMG_8631mj.jpg

八幡平の麓、切留平にて。

八幡平アスピーテラインは、まだこんなに雪がありました。
八幡平スキー場は、5月末まで営業するようです。

IMG_8664mj.jpg

category: 十和田八幡平

tb: --   cm: --